ホメオパシー情報

2017年5月 7日 (日)

GW終了!立夏をむかえ(新しいことに挑戦する)

GWも今日で終わりの方も多いと思います。
春の土用が終わり、2017年の立夏は5/5でしたsun
夏らしい季節になり、周りの人々の服装も夏っぽいですね。

この時期は新しいことにチャレンジする時期sign02

自分の本当にやりたいことに気付かなかったり…。
気付かないように抑え込んでいたり…。
そんな方!思い切って、やりたいことを始めてみましょう happy01

それを後押ししてくれるのが、フラワーエッセンス。
日本人にとってもあう日本の花のフラワーエッセンでは

FE2)オニグルミ
 他人の意見や環境の変化に左右される。自分の意思や信念
 を貫き、自分の理想や目標に邁進できる。

FE2)コアジサイ
 宇宙に偏在する情報にアクセスし、必要な情報を受け取れる。
 停滞感。人とのコミュニケーションにためらいがち。

FE2)キンモクセイ
 気分の軽さ、清々しさ。わくわくする。気持ちが上向く。
 未来への希望や期待。


他にも、日本の花のフラワーエッセンスで良いものがいっぱい
あります。詳しくは、コチラ をご覧ください。

また2017年度のファミリーホメオパス養成コースは、5/12(金)から
始まります。5/12過ぎても入学は可能となっています。ご相談ください。
思い立った時が、行動するときですsign034年制のプロフェッショナル
ホメオパス養成コース
もまだ間に合います。 

ご興味がある方sign03【無料】オープンキャンパスでぜひ授業を
体験してみてください!
<eラーニングで学ぼう!>
  
プロフェッショナル・ファミリーホメオパス養成コース
  ●5月14日(日)10:00~13:00
  ●6月11日(日)10:00~13:00

※詳細内容&お申込みは コチラ または
     CHhom名古屋校TEL:052-533-0171 まで!
※日程にご都合がつかない方、他の内容をご希望の方、ご相談ください!

こちらの動画もご覧くださいhappy01  

2017年4月 6日 (木)

新入生・新入社員など、新しい環境に必要な【レメディー】

最近、街を歩いていると、新入社員の初々しい姿を見かけます。
また、
小中高に入学されるお子さんをおもちの親御さんもいらっしゃると
思います。
新しい環境になじむのに、
レメディーマザーチンクチャーの力を
借りて、始まりをスムーズにしたいものですね。以下を参考に
使ってみてください。


Ilm08_cf12002s

<学校や会社に行くのが心配

Ars.(アーセニカム/三酸化ヒ素)
    
…とにかく不安な時に!不安で眠れない時にも。
Puls.(ポースティーラ/セイヨウオキナグサ)
    
…お母さんと離れたくなくなってしまったら。
       ※子どもが心配なお母さんも一緒にとってみてください。
Arg-n.(アージニット/硝酸銀)
    
…久しぶりの通学や通勤で緊張!緊張がお腹にきた時に。

<心身ともにへとへと~>
Arn.(アーニカ/ウサギギク)…肉体疲労に。
TS)Kali-p(ケーライフォス/リン酸カリウム)…精神的な疲労に。
MT)ボラーゴ(ルリジサ)…精神的ストレス時に。
MT)アヴィナサティーバ(オートムギ)…頭をたくさん使って疲れた!

<とにかく憂鬱>
Ph-ac.(フォサック/リン酸)…鬱々として何をするにも気が進まない
MT)バレリアナ(セイヨウカノコソ)…不安や緊張からの憂鬱
MT)パシフローラ(チャボトケイソウ)…神経が過敏すぎて憂鬱、眠れない
  ※MT)は、マザーチンクチャー、TS)はティッシュソルトを示します。

不安や心配になったり、へとへとになる。と予めわかっている時は
学校や会社に持っていく水やお茶に先に入れると良いです。

レメディーやマザーチンクチャーは、それらをサポートしてくれる
ものとして、とても役に立ちますが、まずはご家族のサポートが一番sign03
学校や会社から帰ってきたら、よく話を聞いてあげてくださいねhappy01

CHhom名古屋校では、ガイドブック毎にレメディーを使いこなす
講座を開催しております。レメディーの使う幅を広げて、様々な
サポートに役立てましょうsign02
********************************************************
名古屋・大阪・福岡中継セミナー「ガイドブック別レメディー基礎講座」
【ホメオパシー in Japan】 (全3回)Image_pa001a
【終了】3/19(日)大阪ライブ 富田沙織ホメオパス
【終了】3/26(日)名古屋ライブ 大久保知美ホメオパス
3回目)4/15(土)名古屋ライブ 竹内基幸ホメオパス
時 間 : 10:00~12:00 ...
会 場 : CHhom 名古屋校・大阪校・福岡校
参加費 : 一般 2,000円/とらのこ 1,500円 (各回)
                  ★クッキー・ドリンク付き★
※お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170319_guidebook.php

<紹介予定のレメディー(各12種)> 
【終了】:Acon Ant-t Apis Arg-n Arn Ars Bell Bry Calc Calen Canth Carb-v 
【終了】:Cham Chin Dros Ferr-p Gels Hep  Hyper Ign Ip Kali-bi Lach Lyc 
第3回:Mag-p Merc Nat-m Nux-v Phos Puls Rhus-t Ruta Sanic Sep Staph Sulph

※ひみつのセール、書籍、CH化粧品・加工品セール★開催予定です!

********************************************************
全国中継セミナー「ガイドブック講座」
キッズ・トラウマ】(全2回)Image_pa003a
前半)4/13(木)東京ライブ 田村翔子ホメオパス
後半)4/20(木)名古屋ライブ 竹内基幸ホメオパス
時 間 : 10:00~12:00 ...
会 場 : CHhom名古屋校・東京校・札幌校・大阪校・福岡校
参加費 : 

   ○単発(1回のみ):一般 2,500円 とらのこ 2,000円 
    (JPHMA会員、各コース在学生、IN FH認定者 1,250円)
   ○
一括(2回参加):一般 4,000円 とらのこ 3,000円
    (JPHMA会員、各コース在学生、IN FH認定者 2000円)

※お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2017guidebook_2.php

<紹介予定のレメディー(各18種)> 
前半:Acon Anac Ant-c Arg-n Ars Bar-c Bell Bism Bor  Calc 
   Caps Caust Cina Coff Cupr Euphr Gels Hyos
後半:Ign Lach Lyc Nat-m Op Puls Pyrog Rhus-t Sil Staph Stram 
   Sulph Tarent Thuj Verat コンビネーションレメディー3種

2017年3月29日 (水)

ホメオパシー◇いいものだから使いたい!お勧めしたい!

 「ホメオパシーって本当に素晴らしい自然療法なので、
多くの人にススメたい!」 「家族がホメオパシーに懐疑的!?」
と、大切な人にこそ使ってもらいたいのに、うまく説明できない。
そう思っている人は多いと思います。

私の場合、「妻が勧めるものは、いいものだ!」と、
何の疑問も抱かずに、勧められた書籍『ホメオパシーin Japan』
を読み、受け身ですがレメディーもとりました。

風邪の時(節々が痛い高熱の症状)も、妻に口に入れてもらった
Gels(ジェルセミューム/イエロージャスミン)
体が楽になり、レメディーが体に作用していることを実感しました。

Gese_004_php

やはり、人に良いものということを伝えるのは、実感してもらうのが
一番早いですかね~sign03
また、伝える側、伝えられる側の態勢やタイミングも大事です。

4/9(日)座談会では、出ている症状をうまく見てレメディー選びのコツ
を身につけ、相手に早く実感してもらえるように!また、相手の受け
入れ態勢は?といったことも含めて、どのようにホメオパシーを
勧めていったらよいか、お話させていただきます。座談会形式なので
日ごろの疑問にもお答えします。ご参加お待ちしております。
****************************************************
日にち : 4月9日(
時 間 : 10:30~12:00(こちらの開催時間が正しいです)
会 場 : 日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費 : 一般1,500円/とらのこ会員1000円(お茶・お菓子付)
進 行 : 大久保知美ホメオパスJPHMA認定ホメオパスNo.0894
定 員 : 10名

※お申込みは、TEL:052-533-0171 または
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170409_nagoya_zadankai.php
****************************************************
文)スタッフ竹内

2017年2月15日 (水)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『子どもの前で泣いて、さらけ出す』(後半)

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

Photo

竹内基幸ホメオパスの前半のパパほめ記事
         「子どもの前で泣いて、さらけ出す」(前半)  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/02/post-3418.html
---------------------------
子どもの前で号泣して、自分をさらけ出したことについて、前回の
続きを書きたいと思います。

職場の上司の御通夜で、Ign(イグネシア/イグナチア豆)
レメディーで今まで泣けなかったのが泣けるようになりました


その続きで、子どもの前でさらけ出して泣いたエピソードについて、
書きたいと思います。

都会でうつな状態があり、都会で何も見いだせないと感じて
転職して地元企業に再就職していたのですが、抑うつ的な状態になる
ことは、完全になくなったわけではありませんでした。

あの日、ある出来事が誘因となり抑うつ的になり、家族の顔も見れず
に頭から布団をかぶっていたところ、妻はレメディー入りのペット
ボトルを持ってきてくれたり、子どもたちは優しい言葉をかけにきて
くれました。
しかし顔を直視できないので、布団にくるまったままだったのですが、
子どもが部屋を出て行った後に、ベッドの上に目を向けると、
かわいらしい野花が3・4本置いてありました。その時は、
家族の優しさは伝わるのですが、そんな状態なのでお礼も言えません。

数日後に、気分が上がり、仕事に行った帰り道。
布団にくるまりながら、家族の優しさに触れたことを思い出して
車の中で大泣きました。(Ignで泣ける男になっていましたからね)
妻、子どもに言葉に出してお礼を言わなければと思い、家に帰って
夕食の後に話し始めました。

子どもには、隠さずにされけ出して言おうと、Ilm08_ca01034s
自分の父親のこと、父親の影響を受けて自分も怒鳴るようになったこと、
自分にいろいろなインナーチャイルドがあるということ、
理解が難しいこともあったかもしれませんが、いろいろなことを話しました。
そして、布団の中で受けた優しさのお礼を、家族の手をとり
泣きながら伝えることができました。

大人の前でも、子どもの前でも、自分をさらけ出すことは大事なこと
だと思います。
CHhomの4年間には、インナーチャイルドも学びますので、
「まだ小さいから、この件については知らない方が良い。」とか、
「子どもには言わない方が良い。大人だけが知っていれば良い。」
と大人が思っても、子どもは感じとって、そこでインナーチャイルドが
作られることもあります。
だから、私は、子どもに自分をさらけ出そうといつも思っています。
弱っている私、泣いている私…すべて私なのですから。。。

そんな教えも得られるCHhomは素晴らしい学校です。2017年度
学生(ファミリーホメオパスプロフェッショナルホメオパス)を
募集していますので、ぜひ多くの方に学んでほしいと思います。
オープンキャンパス詳細&お申し込みは、コチラ まで!
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
ご自身の人生が、ホメオパスとして相談会に生かされていると
思います。そんなホメオパスの先生たちに、ホメオパシー健康
相談会を受けてみませんか!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

全国の日本ホメオパシーセンター:http://jphma.org/nintei/center.html
※最後までお読みいただきありがとうございました

2017年2月 9日 (木)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『子どもの前で泣いて、さらけ出す』(前半)

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

Photo

竹内基幸ホメオパスの前回のパパほめ記事
         「娘のインフルエンザ様の高熱が1日で回復」  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/01/post-42fe.html
---------------------------
子どもの前で号泣して、自分をさらけ出したことについて
書きたいと思います。

当初の私は、人前で泣くことはできないどころか、ドラマや映画など
どんな場面でも涙は出ませんでした。Ilm08_ac01005s
それは小さい頃に保育園で泣いて帰ってくると、
母親に「保育園で泣いたの?顔に書いてある!」
と言われたため、<泣いてはいけない!>という価値観が
できあがってしまったためです。

とにかく、泣くことを我慢して大人になったのです。
「男なら泣くな!」と言われて育った男性はは多いのではないで
しょうか。

ホメオパスになるために、CHhom名古屋校のスクーリングの日に
当時の職場の上司が急死したメールが届きました。
何も考えられずにボーッとした状態になり、ショックのあまり、
完全に感情がマヒ状態になってしまいました。

御通夜に行くことになっても感情が出ない状態のところ、CHhom
同期に御通夜に行くことを話すと、
「Ign(イグネシア/イグナチア豆)のレメディー、持っていきなよ」
と言われました。レメディーを持っていくことも、考え付かない状態
だったので、「そうだレメディーが必要だ。」とそこで初めて気付きま
した。

御通夜前からIgnをリピートしたところ、大量の涙があふれ出して
人前でもはばからず泣きました。ご親族の方の前でも取り乱して
泣きました。私の凝り固まった涙腺が緩んだ瞬間です。

-子どもとのエピソードは(後半)に続く-
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。泣ける男性になって
良かったですね。
男性で泣けなくて、目の病気になったり、体に症状がでてくる方って
いらっしゃるんですよね。そんな方にも、ホメオパシー健康相談会は
おススメですよ!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

全国の日本ホメオパシーセンター:http://jphma.org/nintei/center.html
※最後までお読みいただきありがとうございました。

2017年2月 8日 (水)

再掲 【体験談】 産後に活用したレメディー

こんにちは、育休から復帰したスタッフです。
今回は、私が産後に活用したレメディーをご紹介します。

前回にも書きましたが、今回のお産は帝王切開を免れたとはいえ、
医療介入を多く受けることとなりました。

 ・血液を薄める点滴
 ・抗生物質の点滴
 ・人工羊水
 ・(帝王切開の準備で)硬膜外麻酔の管を通すための麻酔
 ・会陰切開(+麻酔)
 ・尿道カテーテル

いきみながら腕に針を刺すのでなかなかうまく行かず、採血も何度も
やり直して、産後は両腕の内出血の跡が入れ墨coldsweats02のようになりました…。
Crc031s
産後のダメージは、お産そのものだけでなく、慣れない(というか初めて受ける)医療介入による影響も大きかったのではないかと思います。

振り返ってみると、出産直後にかなり頭がぼーっとしていたのは、お産だけでなく麻酔の影響も考えられますね。

さてさて、そんな産後にとったレメディーをご紹介します。


<マザーチンクチャー>
 ・カレンデュラ (キンセンカ)
 ・ベリスペレニス (ヒナギク)
 ・アーニカ (ウサギギク)

 (ハイペリカムは手元になかったのです…)

<レメディー>
Arn.(アーニカ/ウサギギク) Bell-p.(ベリスペレニス/ヒナギク)
Carb-v.(カーボベジ/植物炭) Caul.(コーロファイラム/ルイヨウボタン)
Sulph.(ソーファー/硫黄) Hyper.(ハイペリカム/セイヨウオトギリソウ)
Calen.(カレンデュラ/キンセンカ) Mag-p.(マグフォス/リン酸マグネシウム)
Acon.(アコナイト/トリカブト) Nux-v.(ナックスボミカ/マチンシ)
Staph.(スタッフィサグリア/ヒエンソウ)

お産直後は頭が回らない上、体も思うように動かないので、枕元に
レメディーをおいて、思いつくままに手当たり次第とっていました。

ちなみに麻酔の影響のOp.(オピウム/芥子)Phos.(フォスフォラス/リン)は、
傷の痛みが消える前に麻酔の影響を取り除くことで、傷の痛みを感じるのが
嫌だったのでこの時はとりませんでした。

お産時に会陰切開したり損傷した方なら経験あると思いますが、
産後、最初の排尿時に傷がしみてギャーッwobblyとなるのが怖かったのです。

ところが縫合をすごく丁寧できれいにやっていただけたことと、上記レメディー
&マザーチンクチャーのお陰で、カレンデュラクリームを使っていないにも
関わらず、一度もしみることはありませんでした!

高齢出産を経験した新米ママの谷ホメオパスの座談会
「お産にについて語ろう!」2/15(水)に開催されます。一緒に語りましょう!
-------------------------------
日にち  :  2017年2月15日(水)
時 間  :  10:30~12:30(座談会)【記念につき30分延長!】
会 場  :  日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費  :  一般1500円 とらのこ会員1000円(お茶・お菓子付き)
進 行  :  谷祐子ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0733)
定 員 : 10名
お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170215_nagoya_zadankai.php
 ★ひみつのセール開催予定★

present
座談会40回記念イベントpresent
座談会終了後に以下を開催します。
・QX-SCIOミニセッション(3240円(税込)・適用書付き ※とらのこ会員限定
・ホメオパシーミニミニ相談(無料/15分)
・インナーチャイルドセラピー体験(無料/30分)
-------------------------------

2017年2月 1日 (水)

再掲 【体験談】 出産時に活用したレメディー

2680gの男児を出産をして、育休から復帰したスタッフです。
今回から数回に分けて、体験談とともに出産~産後のレメディーを
ご紹介したいと思います。

自然分娩の産院へ通い体作りをしていたのですが、いざお産が始まると
徐々に母体の血圧が上がり、胎児の心音が低下してきため、総合病院へ
救急搬送となってしまいました。病院では吸引分娩(+クリステレル圧出法)と
なったのですが、帝王切開の可能性もあったので、ぎりぎりまで待ってくれて
下から産ませてもらえたことに感謝しています。
それではお産中にとったレメディーを紹介いたします。

<マザーチンクチャー>
 ・ベリスベレニス (ヒナギク)Ilm16_ad04013s
 ・カレンデュラ (キンセンカ)
 ・アーニカ (ウサギギク)
 ・ケブラコ (シロケブラコ)


<レメディー>
 ・Arn.(アーニカ/ウサギギク)
 ・Bell-p.(ベリスペレニス/ヒナギク)
 ・Carb-v.(カーボベジ/植物炭)
 ・Caul.(コーロファイラム/ルイヨウボタン)
 ・Psor.(ソライナム/疥癬マヤズム)
 ・Syph.(スフィライナム/梅毒マヤズム)
 ・Sulph.(ソーファー/硫黄)
 ・Calc-p.(カルクフォス/リン酸カルシウム)
 ・Kali-p.(ケーライフォス/リン酸カリウム)


上記を力水(ちからみず)として、陣痛が始まった時にペットボトルに
すべて入れて、飲みながらお産をしました。
他にも由井先生から教えていただいた、お産がうまく進まない時の
Cor-r.(コラリュームルブ/ベニサンゴ)や、大出血が起こった時用の
レメディーコンビを準備していたのですが初めてのお産でそれどころではなく、
お産をしながら自分でとることはできませんでした…。

これらのレメディーは、事前にまとめてチャック付き袋に入れておき、
マザーチンクチャー、ほめ水とともに入院準備グッズに入れておきました。
そして陣痛が始まった時に、力水を作ってお産に臨みました。
ところが救急搬送される段階でペットボトルの残りが少なくなってしまった
のですが、自分で荷物の中からレメディーをとって来れる状態でもなかったので、
病院で白湯を足してもらい最後までそれでしのぎました。

今にして思えば、あらかじめ助産師さんにレメディーを預けておいて、
都度とらせてもらえばよかったです。
また、妊娠中にもっと梅毒マヤズム対策をしっかりやっておくべきでした。
やたらに事故を目撃したり、乗車中の電車が事故にあったりとお知らせが
たくさんあったのに。

なにはともあれ、無事出産ができてほっとしています。
ドタバタのお産だったですが、出血量も66mlと少なく(アーニカのお陰!)
つるつるの元気な赤ちゃんでした。
母体は…高齢な上、慣れない医療介入をたくさん受けてへろへろになってましたが、
その辺りのケアは産後のレメディーの紹介とともに報告したいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
少しでもこれからお産する方の参考になれば幸いです。
ではまた次回…。

高齢出産を経験した新米ママの谷ホメオパスの座談会
「お産にについて語ろう!」2/15(水)に開催されます。一緒に語りましょう!
-------------------------------
日にち  :  2017年2月15日(水)
時 間  :  10:30~12:30(座談会)【記念につき30分延長!】
会 場  :  日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費  :  一般1500円 とらのこ会員1000円(お茶・お菓子付き)
進 行  :  谷祐子ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0733)
定 員 : 10名
お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170215_nagoya_zadankai.php
 ★ひみつのセール開催予定★

present
座談会40回記念イベントpresent
座談会終了後に以下を開催します。
・QX-SCIOミニセッション(3240円(税込)・適用書付き ※とらのこ会員限定
・ホメオパシーミニミニ相談(無料/15分)
・インナーチャイルドセラピー体験(無料/30分)
-------------------------------

2017年1月27日 (金)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『娘のインフルエンザ様の高熱が1日で回復』

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

Photo

竹内基幸ホメオパスの前回のパパほめ記事
         「埃を吸ったあとの咳(ゴキブリのレメディー)」  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/01/post-24d6.html
---------------------------
インフルエンザが各地で流行っているようですが、
皆さんの地域では、どうでしょうか?!

我が娘の小学校もインフルエンザ罹患者が増えてきたころに
娘の学校から「39℃の熱が出たので、迎えに来てください!」
と電話がかかってきました。

すぐに迎えに行けないので、父に迎えをお願いして
私が帰るまでの間は、実家に寝かせてもらうことにしました。

都合をつけて、実家に迎えに行くと、父がImage_pa001a
「今寝てるわ。Bell(ベラドーナ)あげといたけど、良かったのか?」
娘の心配が吹っ飛ぶほどに、父の言葉に感動しました。
やはり、どの家庭にもホームキットと「ホメオパシーin Japan」の
書籍を常備したら、本当に役立ちますよ。

家に帰り、娘を見てみると、高熱ほっぺは赤い関節の痛みがあり
インフルエンザのような症状をだしていました。

そこで選んだレメディーです。
・Bell(ベラドーナ/セイヨウハシロドコロ):高熱、ほっぺが赤い
・Ferr-p(ファーランフォス/リン酸鉄):炎症の第一段階
・Inf(インフルエンザイナム/インフルエンザ):ウイルス
・Oscill(オスシロコチニューム/オシロコッキヌム):インフルエンザの初期
・Eup-per(ユーパトリューム・パーフ/フジバカマ):骨の節々の痛み
・Gels(ジェルセミューム/イエロージャスミン):インフルエンザに!
・MT)φEchi-p(エキネシア/ムラサキバレンギク):感染症、免疫UP
 ※MT)はマザーチンクチャーを示しています。

熱のレメディーとインフルエンザの王道のレメディーたちを
500mlのペットボトルに1粒ずつ、マザーチンクチャーは10滴入れて
半日程度、飲んでもらいました。それと、関節が痛いようなので
そこを摩ってあげました。(レメディー+愛情が基本ですsign03

娘の調子を気にしながら、次の日に仕事から帰ってみると、

Image1

病院には行ってませんので、インフルエンザか分かりませんが
1日もたたないうちに、元気にgood雪だるまsnowを作るまでに回復してましたhappy01

息子は三種混合以来、喘息になりましたが、娘は予防接種を
打ってません。ホメオパシー健康相談会も受けているので、
身体のベースができていることも、早く回復した理由だと思います。
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
自己治癒力が発揮しやすい娘さんですね。ベースアップや健康管理
にも、ホメオパシー健康相談会はおススメですよ!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

全国の日本ホメオパシーセンター:http://jphma.org/nintei/center.html

2017年1月24日 (火)

2017年度学生募集◇【参加費無料】オープンキャンパス&学校説明会

2017年学生募集中sign03

4年制の「プロフェッショナルホメオパス」と1年制の
ファミリーホメオパス」養成コースについて
【無料】オープンキャンパス
を開催しております。

1/26(木)ファミリーホメオパスコース現役学生と一緒に
受講できる由井寅子先生の「バイタルエレメントを学ぶ」です。
東京校からの中継ですが、モニター画面から由井先生の
パワーがビシバシと伝わってきます。ぜひ体感しにきてください。

お申込みは コチラ 
  又は CHhom名古屋校TEL:052-533-0171 まで!

2017年1月末までに入学手続きが完了された場合、
入学金 30%OFF! となります。

・CHhomプロフェッショナルホメオパスコース(4年制):
入学金(150,000円)が、105,000円
・CHhomファミリーホメオパスコース(1年制):
  入学金(50,000円)が、35,000円

 ※学校案内書類&入学願書請求は、
    http://www.homoeopathy.ac/2012/aboutus/contact.htmlIlm14_bl04002s    
----------------------
プロフェッショナルホメオパス養成コース公開講座】
○2017年2月5日(日)10:00~13:00 新城先生ライブ
  「マテリアメディカを学ぶ」(1.5時間)&
学校説明会(1.5時間)
○2017年2月18日(土)10:00~13:30 由井寅子学長
ライブ
  「ホメオパシー心理学を学ぶ」

【ファミリーホメオパス養成コース公開講座】
○2017年1月26日(木)10:00~13:30 由井学長 ライブ
  「バイタルエレメントを学ぶ」
〇2017年2月25日(土)10:00~13:30
  ファミリーホメオパス養成コース公開講座 由井学長DVD上映
  「予防と予防接種概説を学ぶ」

【学校説明会】
ホメオパシーを学ぶ意義、各コースの紹介
各講師の授業DVD上映、在校生・卒業生の体験発表DVD上映等
○2017年2月11日(土)14:00~16:00
○2017年2月26日(日)10:00~13:00

※各回とも受講料は無料です。
※公開講座への参加は各養成コース毎に、今年度1回限り
 とさせていただきます。

上記の日程で都合のつかない場合はCHhom名古屋校まであ
ご相談ください。そのほか、ご不明な点は、お気軽にお問い合せ
ください。
(Tel:052-533-0171/Mail:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
--------------------------------------------------------------
■オープンキャンパス終了後には、「CHhom入学相談」を開催いたします!
 ”いつかはCHhomで学んでみたい!どんなコースがあるの?”
 “CHhomってどんな学校?”“卒業してからはどんなことができるの?”
 など、疑問・質問など気軽に、4年間実際学んだホメオパスにお話を
 聞くことができます。お一人様15分から20分を予定しております。
 この機会に、ぜひ疑問を解消しちゃいましょう!

--------------------------------------------------------------
2017_1

2017年1月11日 (水)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『埃を吸ったあとの咳(ゴキブリのレメディー)』

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

2

竹内基幸ホメオパスの前回のパパほめ記事「指を挟んだ対処」  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2016/12/post-4e90.html
---------------------------
2人の子どものうち、うえの子は中学生の男の子。
ブログに書かせてもらっていますが、息子は三種混合予防接種
以来、喘息になりました。

 ※咳・喘息に関する記事は、以下をご覧ください。
     http://nagoya.homoeopathy.ac/2016/02/post-29c7.html

ホメオパシーの考えには、マヤズム論があります。マヤズムとは
先祖代々の方々が、症状の抑圧をしてきた結果、慢性化した
遺伝的傾向のことです。マヤズム論を学びたい方は、CHhom
プロフェッショナルホメオパス養成コース、またはファミリー
ホメオパス養成コース
を受講してください。しっかり学ばないと
マヤズムは理解できません。それほどマヤズムって、
奥深いものなんですよーsign03

 ※2017年度学生を募集しています。ご興味ある方は、コチラ

ですので、息子は予防接種だけで喘息になったわけではなく、
家系の結核傾向を受け継いでいるマヤズムをもっていたり
出産で母体からもらった老廃物もあると思います。

息子は、喘息をホメオパシー健康相談会で改善して、喘息で
学校を休むことはなくなりましたが、その傾向はまだもっています。
年末の大掃除をしていて埃を吸うと、咳が止まらなくなった息子。
乾いた咳で、痰とかの排出はありませんでした。

喘息に発展することはなかったので放っていたのですが、あまりにも咳が
止まらずに、レメディーを1粒口に入れると、すぐに咳はなくなりました。

そのレメディーは、Bllata(ブラタ)sign02 コバネゴキブリのレメディーです。Ilm21_ak06045s
Bllataは咳に使えるレメディーで、埃っぽいところを居住としている
ゴキブリなので、埃アレルギーなどに良いです。

ゴキブリで何故レメディーを作ろうと思ったのか?
「咳がひどかった人が、お茶を一口飲んだら咳が止まった。
なぜだろうと、湯呑みの中を見たら、ゴキブリが浮いていた」
というエピソードがあるようです。

いろいろなレメディーがあって、おもしろいですね!試してみてください。
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
喘息でホメオパシー健康相談会にかかってきた息子さん。
自己治癒力を発揮しやすく、ベースアップできているので、いろいろな
レメディーが作用しやすいんでしょうね。そういう意味でも、ホメオパシー
健康相談会はおススメですよ!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Copyright (C) 2012 College of Holistic Homoeopathy All Rights Reserved.