イベント

2018年12月15日 (土)

JPHMAコングレス(ホメオパシー学術大会)★ポスター発表☆東海地方ホメオパシーセンター

日本のホメオパシー界最大の祭典 2019年1月5日(土)・6日(日)
第19回JPHMAコングレス 
「体・心・魂 を癒す未来の医学 ZENホメオパシー」

全国のホメオパスによる症例発表も見どころの一つsign03
東海地方のホメオパシーセンターから、5名が「ポスター発表」
に選ばれましたので、以下に紹介いたします。

【ポスター発表】
「HSP・HSCに該当する人の生きづらさに対するホメオパシーの有効性」
   日本ホメオパシーセンター愛知三河安城 杉浦 美奈子ホメオパス
<ケース概要>
Photo強迫性障害(手が汚れていないか、箸を持った時に揃っているか、など何度も確認してしまう)
脳の違和感(体の感覚と、頭でキャッチすることにしっくりこない感覚がある)、同居の祖母が自分を嫌っているという思い込みのため自室から出られない、人の目が気になり、家から外に出られない、身の回りの事が自分で出来ないことがある(書類を読んで対応する・入浴・爪を切る)。このような症状が相談会ごとに出来ることが増え、眠れるようになり、睡眠薬が止められ、自己主張する気力が出たケースです。
HSP(Highly Sensitive Person)とはとても敏感な感受性を持った人のことです。敏感すぎるために精神病と誤診されやすく、薬にも敏感なため改善するどころか悪化していきます。敏感な事は病気などではなく、個性なのだという事が一般的に知られるようになれば、本人はもとより家族も気持ちが楽になると思います。また本人も自分は人より敏感なだけだ、それは個性であり、特性にもなりうるという事を自覚することで、社会で生きていく方法を自分なりに見つけられていくと思います。ホメオパシーはこのような敏感な方たちの力強い助けになりうると確信しています。

「リウマチで車椅子生活だったクライアントが、ホリスティックな同種の法則で
 心も身体も自立することができたケース」

   日本ホメオパシーセンター長野信州上田 林 優孝ホメオパス
<ケース概要>
B3_hom18699982_10154837994508843_1520年以上リウマチで苦しみ、車椅子で動くことも困難だったクライアントが自力で立ち上がれるようになった経過を紹介します。
症状や心の面だけでなく、生活や家族、クライアントの身の回りのあらゆるものから選ばれたレメディーが同種の法則によって、症状だけでなく、自立心や生活を立て直す力になっていました。
ホリスティックな視点で選ばれたレメディーは症状だけでなく、クライアントの生活をどう変化させていったか、そして生活のあらゆるものがレメディーになるとはどんなことなのかをお伝えするケースです。

「脳梗塞発症初期からホメオパシーとQX-SCIOでケアできたことにより、
 短期間で改善することができたケース」

   日本ホメオパシーセンター愛知弥富 加藤 育代ホメオパス
<ケース概要>
Sdろれつがまわらない、顔面麻痺、血圧200超え、手足に力が入らない、便尿失禁といった脳梗塞の症状を発症当日からレメディーと遠隔QX-SCIOでケアした結果、一月半後には医師より「脳梗塞の後遺症は認められない」と診断された80代女性のケースです。
再発防止のためにも水分摂取の大切さを理解してもらい、日々1リットル以上のレメディー水をとることを習慣づけることにより、素早い改善を実現できたと思います。前回のコングレスで発表した『脳卒中発作への緊急対応及びその後のケア』のケースでも使用した“4種の蛇毒のコンビネーション”は、このケースにおいても非常に効果的でした。

「心の問題から身体に症状が出ていたことが分かる急性のケース」
   日本ホメオパシーセンター愛知弥富 加藤 育代ホメオパス
<ケース概要>
歩行に困難をきたすほどの脚の痛みが、実は、やらなければならないのに気が進まないため先送りしていた心の問題からきていたことに気付き、その途端痛みが引き始め、帰りにはスキップしているのではないかというくらい軽やかな足取りを取り戻した二十歳女性のケースです。
彼女の痛みは股関節からのメッセージとして、股関節の持つテーマから聞き取りをしたことで、速やかに改善していきました。非常に簡単なものではありますが、感情的な滞りを取り去ることの必要性を改めて実感させられた事例でした。

「ワクチンや薬剤のフタをとることで、改善へと向かい始めた喘息と発達障害のケース」
   松岡 知恵ホメオパス
<ケース概要>
C3_homtomoe4歳の男の子で、喘息と発達障害が主訴のケースです。
お母様もアトピー性皮膚炎と喘息の病歴があり、薬剤をとられていたこと、妊娠5か月のときに卵巣の腫れが見つかり手術を受けていること、帝王切開で生まれていることから薬剤の影響が考えられました。また、発達障害に気づいたきっかけと、喘息の診断に至るきっかけのどちらも同時に始まっていたことから、予防接種の影響が考えられました。
この2つのフタへアプローチをしていく中で喘息の改善がみられ、こだわりが減る、理解がよくなり切り替えが早くなる、自分の気持ちをお友達に伝えられるようになる、食の幅も広がるなど発達障害の改善も見られるようになりました。保育士として発達障害の子どもたちとたくさん関わってきましたが、なかなか変化の見えない毎日にご両親もお子さんも多くの悩みを抱えていらっしゃいます。ホメオパシーが入ることで短期間で改善がみられることが広がるといいなと思いケースをまとめました。

「生き急ぐ感覚が楽になることで、家族への愛情も芽生え、頭痛が軽減したケース」
   白木 慈ホメオパス
<ケース概要>
B2_homimage2生き急いでた(自分には時間が残されていない。だれにも邪魔されたくない。)感覚が、ホメオパシー療法とフラワーエッセンスを使用する事で、家族への愛情も芽生え、自分自身を受け入れ楽しめるようになり、頭痛が軽減したケースです。季節の変わり目の頭痛と、以前症状のあった喘息発作が起きそう、とのことで相談会を開始。職場の慣れない環境から緊張がつづき疲労困憊に対して臓器サポートを中心に、フラワーエッセンスで母性を、家族のみならず、自分自身へも向けられるようになりました。また緊張がゆるみ、信用する身近な人を頼ることが出来るようになり、それまで出せなかった弱音を言えるようになったケースをまとめました。

他にも見所いっぱい!ぜひコングレスにお申込みください。
コングレスのお得な情報は、コチラ!
**************************************************
<第19回JPHMAコングレス> ★早割12/15まで★

○日 時 2019年1月5日(土)9:45(開場)、10:30(開会)~18:00
       2019年1月6日(日)9:30~17:00 予定
○会 場 世田谷区民会館
○主 催 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
○大会長 松尾敬子ホメオパス
○講演者 由井寅子JPHMA名誉会長 基調講演(両日)
      他、ゲスト講演者、JPHMA認定ホメオパス多数参加予定
●お申込みは、以下の特設サイトより
       http://jphma.org/congress2018/
※今後、特設サイトに情報をアップしていきます。お見逃しなく
**************************************************
体・心・魂を三位一体でみていくホメオパシーでは、自己治癒力を触発して
自分自身で健康になることができます。この機会に、ぜひ各種 健康相談会を
ご検討ください。

全国にも日本ホメオパシーセンターがあります。各センターによりセッション内容
など違うこともありますので、お問い合わせください。                          
                         http://jphma.org/nintei/center.html

2018年12月14日 (金)

JPHMAコングレス(ホメオパシー学術大会)★ステージ発表&ポスター発表☆日本ホメオパシーセンター名古屋本部

日本のホメオパシー界最大の祭典 2019年1月5日(土)・6日(日)
第19回JPHMAコングレス 
「体・心・魂 を癒す未来の医学 ZENホメオパシー」

全国のホメオパスによる症例発表も見どころの一つsign03
日本ホメオパシーセンター名古屋本部から、2名が「演台発表&ポスター発表」
に選ばれましたので、以下に紹介いたします。

【ステージ発表:1/5(土)11:35~】
「発達障害・統合失調症のような様々な異常行動が改善したケース」
竹内基幸ホメオパス
(担当:第一月曜・第三火曜・水曜・土曜日)

<概要>
3_2親のクレジットカードを勝手に使ったり、出会い系サイトに裸の写真や個人情報を流出、会話が成り立たない、勉強する意欲がないという19才の女性。このような様々な行動は過去の「いじめ」のトラウマを抑圧してきたことが大きく作用しており、他の原因も加えマヤズム(慢性遺伝傾向/病気の大元)が増大化した結果。再び「いじめ」にあうことによって、また好転反応によって、マヤズムからの急性症状「パニック状態」や「憑りつかれたような動き」をZENホメオパシーでアプローチすることによって、急性の異常行動が解消され、元々あった症状(体・心への負荷)が軽減、生まれもった症状(便秘、低体温)も改善されたケース。



【ポスター発表】
「思春期の激しいイライラやアンビバレンツに対する甲状腺のレメディーThyrの活用」
松本美千代ホメオパス
(担当:木曜日)

<概要>
2思春期は、体が大きく変化する時期であり、それに伴う特徴的な症状を出す子どもは多い。激昂や投げやりな態度、引きこもり、諦めや、反社会的行為など、その後の将来に大きく影響するようなものもあり、その一時期の不調から、本来の望む状況に遠く離れてしまう場合もあることは周知の事実。その多くは本意ではなく、実際は誰しも建設的で前向きに自分の生活を設計して行きたいと思っているのではないかと思う。
今回は、そのような 思春期の酷いイライラや疳癪が激しすぎ、また相反するような言動(母親への甘えなど)の子どもに、サポートとしてThyrを使うことで大きな改善がみられた2つのケースを紹介する。

他にも見所いっぱい!ぜひコングレスにお申込みください。
コングレスのお得な情報は、コチラ!
**************************************************
<第19回JPHMAコングレス> ★早割12/15まで★

○日 時 2019年1月5日(土)9:45(開場)、10:30(開会)~18:00
       2019年1月6日(日)9:30~17:00 予定
○会 場 世田谷区民会館
○主 催 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
○大会長 松尾敬子ホメオパス
○講演者 由井寅子JPHMA名誉会長 基調講演(両日)
      他、ゲスト講演者、JPHMA認定ホメオパス多数参加予定
●お申込みは、以下の特設サイトより
       http://jphma.org/congress2018/
※今後、特設サイトに情報をアップしていきます。お見逃しなく
**************************************************

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、
NEWメニュー「プレミア健康相談会120分」も加わり、いろいろな
ご要望にお応えできるメニューを取り揃えています。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp
Photo_2
ホメオパシーセンター名古屋本部では、曜日毎にホメオパスがそろっています。
体・心・魂を三位一体でみていくホメオパシーでは、自己治癒力を触発して
自分自身で健康になることができます。この機会に、ぜひ各種 健康相談会を
ご検討ください。

Photo_3
全国にも日本ホメオパシーセンターがあります。各センターによりセッション内容
など違うこともありますので、お問い合わせください。                          
                         http://jphma.org/nintei/center.html

2018年12月13日 (木)

<初心者向け>今すぐはじめるホメオパシー【2つの新メニュー】

Photo

①60分でまるわかり! ホメオパシーの基礎と症例
<こんな方に!>
◆ホメオパシー健康相談会をお考えの方
◆ホメオパシーの症例を知りたい方
◆短時間でホメオパシーを学びたい方


開催日:1/23(水)、2/7(木)
時  間:10:30~11:30
参加費:一律500円

ホメオパシー健康相談に興味があるけど、イメージがつかめない。
本を読んでもなかなかホメオパシーについて理解できない。そんな方の
ために短時間でホメオパシーをしていただける講座となっています。
前半は、ホメオパシーの基礎となる原理・原則やホメオパシーの得意
分野、レメディーの具体的な使い方、一般的な薬との違いは?などを
説明させていただきます。
後半は、由井寅子先生の症例集。治っていく様子を映像で実感して
いただけます。最後には、ホメオパスになんでも聞ける質問コーナーで
疑問点を解消できちゃいます。

②かんたんレメディーチョイス!Photo_2
<こんな方に!>
◆ホームキットを使いこなしたい方
◆実践的な使い方を学びたい方
◆ホームキットが欲しいなと思ている方


開催日:1/30(水)、2/14(木)
時  間:10:30~12:00
参加費:一律1000円 <紹介キャンペーン対象イベント>

これからホメオパシーを始めたい方。ホームキットをもっているけど
つかいこなせないという初心者さんにおススメ!
ファーストエイドとして過程で大活躍でsきる「ホームキット」を使い
こなす第一歩。ホメオパシーのしくみについてわかりやすく説明した後、演習問題を用いてガイドブックの見方を学びながら、すぐにレメディー選びができるようになる初級実践90分講座です。
具体的なシチュエーションから必要なレメディーを皆さんとともに考える
参加型の勉強会です。もちろん疑問が生じたらその場で質問していただ
けます!!

※お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
    Mail:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/nagoya_imasugu.php

★出張もできます。詳しくはお問い合わせください。

2018年12月 9日 (日)

【速報】JPHMAコングレス(ホメオパシー学術大会)★12/15まで早割でお得★入場証発送はじまる!

<12/15まで早割でお得!>
日本のホメオパシー界最大の祭典 2019年1月5日(土)・6日(日)
第19回JPHMAコングレス 
「体・心・魂 を癒す未来の医学 ZENホメオパシー」

コングレスは、ホメオパス達の発表の場としてだけではなく、一般の方も参加できる
ホメオパシー学術大会です。

入場証発送も始まっております。順次届くと思いますので、
お待ちくださいネ。
Ssss_2

<速報>
◆お得な【早割】のお申し込み期限が、12/15(土)までとなっています。
  ※お申込みは、http://jphma.org/congress2018/entrypage/


最新プログラム・抄録が公開されています。
  ※プログラムは、http://jphma.org/congress2018/program/
  ※抄録は、http://jphma.org/congress2018/abstracts/

 由井寅子名誉会長 基調講演・JPHMA会員学術発表 記念講演をはじめ
 海外来賓にインド政府のRKマンチャンダ長官、水科学の研究者ベラーレ博士と
 元英国校副校長のトレバー・ガン氏を招聘しております。


◆2019年度CHhom
プロフェッショナルホメオパスコース、および
 
ファミリーホメオパスコースの入学願書をコングレス会場にて
 提出すると
、★入学金無料★ happy02
  ※無料オープンキャンパスも開催中! →申し込みは、コチラ!

◆出展ブースからコングレスならではの「お得」な特典情報
 
☆豊受オーガニクスショップ
       購入金額30%分を豊受モールポイントとして還元
 ☆ホメオパシー出版
       新刊・講演者本
購入金額30%分を豊受モールポイントとして還元
       それに加え、新古本や水科学記念セールとして値引きあり
  ※その他いろいろ特典つきですsign03

今まで開催、今回予定されている案内の動画をご覧ください!


**************************************************
<第19回JPHMAコングレス>

○日 時 2019年1月5日(土)9:45(開場)、10:30(開会)~18:00
                   18:45~20:30(記念パーティー)
       2019年1月6日(日)9:30~17:00 予定
○会 場 世田谷区民会館
○主 催 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
○大会長 松尾敬子ホメオパス
        <ご挨拶>http://jphma.org/congress2018/greeting/
○講演者 由井寅子JPHMA名誉会長 基調講演(両日)
      他、ゲスト講演者、JPHMA認定ホメオパス多数参加予定

●お申込みは、以下の特設サイトより
       http://jphma.org/congress2018/
※今後、特設サイトに情報をアップしていきます。お見逃しなく
**************************************************

2018年12月 5日 (水)

【開催報告】ホメオパシー座談会「お元気!腸から肛門」竹内基幸ホメオパス

 ポカポカ陽気の中、日本ホメオパシーセンター名古屋本部にて、第一月曜、第三火曜、水曜、土曜日の健康相談会を担当されている竹内基幸先生によるホメオパシー座談会「お元気!腸から肛門」が開催されました。

20181205_nagoya_01

 最初に、小腸や大腸、消化液の働きについて説明していただきました。その中で、「腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌すべてが必要で、バランスが大事」や「腸には体の中の最大規模の免疫が働いていること」「千島学説によると、赤血球は消化された食べ物が腸の絨毛で変化したものなので、食べ物や発酵食品が大切」など、腸が様々な方向からとても大事であることをお話いただき、その上で腸関係のサポートチンクチャーの使い分けや、「下痢」や「便秘」のレメディーやチンクチャーを紹介していただきました。
 肛門については、参加者の皆さんがいますぐに抱えている問題ではないようでしたが、加齢で多い症状「イボ痔」「肛門脱・直腸脱」「膀胱脱」「子宮脱」について皆さん関心がたかかったようで、問題が起こってもなかなかデリケートな問題で聞きずらいことから、有用な情報となったのではないでしょうか!

 最後に「日頃からチンクチャーやティッシュソルトを使ったホメオパシー的な健康管理」を竹内先生がおススメ、具体的に紹介されました。参加者の皆さん、レメディー・チンクチャーを健康管理に、困った症状に、今後ますますご活用ください。

 今年最後のビック・イベント、12月24日(月祝)に寅子先生講演会(名古屋中継)「苦しみはありがたい-幸せに生きられるZENホメオパシー」と映画「真の免疫」上映会を開催いたします。皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

2018年12月 2日 (日)

12/24(月祝)とらこ先生ライブ講演『苦しみはありがたい』- 幸せに生きられるZENホメオパシー

 2018年、今年最後のとらこ先生「東京ライブ講演」を開催します。今年一年各地で行われたとらこ先生の講演会。参加された多くの方がご自身の人生の苦しみを見つめ、傷ついたインナーチャイルドに気づき、癒されたのではないでしょうか。

 自分だけではなかなか自分自身の苦しみの解決の道を見つけ出すことができません。病気、苦難の人生を乗り越えてこられた とらこ先生の肉声にはレメディーのように体・心・魂にとどくバイブレーションがこめられております。その言霊のシャワー、霊的な高い視点からの見解に触れるだけでも愛と勇気が湧くのを感じるでしょう。

 今年一年の締めくくりをなる本講演は、特に反響の大きかったお盆に行われた講演「苦しみはありがたい ~幸せに生きられるZENホメオパシー」を行う予定です。

 苦しみを幸せに変え、人生をよりよく生きるために必聴の講演会です。一度講演を聴かれた方も改めて聴き直すことでその時には気づけなかった発見がありますので、是非ご家族、ご友人・知人をお誘い合わせのうえ、お集まりください。

1224

日時:2019/12/24(月祝)
    10:30~12:00 とらこ先生ライブ演講会
    14:30~16:10 映画「真の免疫」上映会<無料>
講師:由井寅子CHhom学長
会場:CHhom東京校ライブ、名古屋校中継
参加費:一般3,000円/スペシャル会員2,000円/学生1,500円
※お申込みは、  TEL:052-533-0171  または
  Mail:chhom-nagoya@homoeopathy.ac  または
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20181224_1.php

2018年11月28日 (水)

12/5(水)ホメオパシー座談会「お元気!腸から肛門」~造血・免疫・消化液のお話~

ホメオパシー座談会「お元気!腸から肛門~造血・免疫・消化液のお話~」

腸が健康にとって重要なことは、皆さんお分かりと思います。
腸は造血の臓器とも言われ、赤血球は消化された食べ物が腸で変化したものという腸造血説の観点からすると、血液の汚れと腸機能は密接に関わっていることとなります。血液はアレルギー、アトピーなど様々な病気を作り出す原因ともなりますからね。また、免疫の70%を受け持つと言われたり、他の臓器からの消化液を受け入れたり、重要な臓器です。
また、消化の最終出口である肛門に、痔・脱腸などのデリケートな問題を抱えている方も結構いると思います。
講座では、腸から肛門までの問題を、腸内造血・免疫などを説明しながら、それらの腸の問題にあうレメディーやチンクチャーを紹介いたします。腸から健康にしていきましょう!

日  時:2018年12月5日(水) 10:30~12:00
進行役:竹内基幸ホメオパス323956
参加費:会員1,000円/一般1,500円(お茶・お菓子付き)
       →「紹介キャンペン」でワンコイン500円sign01
※お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20181205_nagoya.php

<紹介キャンペーン>対象イベント
Fb

2018年11月14日 (水)

【開催報告】ホメオパシー座談会「冬の感染症~誰でも使える!かんたんレメディー~」鈴木寛子ホメオパス

さわやかな快晴の空の下、ホメオパシーセンター名古屋本部にて日曜担当の鈴木寛子ホメオパスにより、ホメオパシー座談会「冬の感染症~誰でも使える!かんたんレメディー~」 が開催されました。

20181114

ホメオパシー初心者の方のために「ホメオパシーとは?」の基本的な説明から始まり、テーマである「冬の感染症」について説明していただきました。まず感染症対策の基本として「日頃から免疫を上げておくこと、臓器をしっかりさせておくことが大事」と鈴木先生。
発熱や咳などの風邪の症状、インフルエンザやノロウィルスなどに対処できるレメディーやチンクチャー、更にインフルエンザの予防プログラムなどを紹介していただきました。
感染症にかかり切ることで、感染体をやっつけて更に体の老廃物も排出できるなどのお話があり、初めて参加の方も、ホメオパシーが自然に沿った安全なものであると、今後の生活に取り入れたいと話されていました。

次回の座談会は、12月5日「お元気!腸から肛門~造血・免疫・消化液のお話~」を開催します。とても重要な役割を受け持つ臓器、腸とデリケートな部分、肛門のお話です。ぜひお越しください!

2018年11月 8日 (木)

【速報】JPHMAコングレス(ホメオパシー学術大会)★11/15までが特早割でお得!

日本のホメオパシー界最大の祭典 2019年1月5日(土)・6日(日)
第19回JPHMAコングレス 
「体・心・魂 を癒す未来の医学 ZENホメオパシー」


コングレスは、ホメオパス達の発表の場としてだけではなく、一般の方も参加できる
ホメオパシー学術大会です。

<速報>
◆お得な【特早割】のお申し込み期限が、11/15(木)までとなっています。
  ※お申込みは、http://jphma.org/congress2018/entrypage/

最新プログラムが公開されています。
  ※プログラムは、http://jphma.org/congress2018/program/
 由井寅子名誉会長 基調講演・JPHMA会員学術発表 記念講演をはじめ
 海外来賓にインド政府のRKマンチャンダ長官、水科学の研究者ベラーレ博士と
 元英国校副校長のトレバー・ガン氏を招聘しております。


◆2019年度CHhom
プロフェッショナルホメオパスコース、および
 
ファミリーホメオパスコースの入学願書をコングレス会場にて
 提出すると
、★入学金無料★ happy02
  ※無料オープンキャンパスも開催中! →申し込みは、コチラ!

◆CHhom札幌校・福岡校でコングレス2日間を
同時中継決定
  
※東京校、名古屋校、大阪校の中継での開催はございません。

今まで開催、今回予定されている案内の動画をご覧ください!



**************************************************
<第19回JPHMAコングレス>

○日 時 2019年1月5日(土)9:45(開場)、10:30(開会)~18:00
                   18:45~20:30(記念パーティー)
       2019年1月6日(日)9:30~17:00 予定
○会 場 世田谷区民会館
○主 催 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
○大会長 松尾敬子ホメオパス
        <ご挨拶>http://jphma.org/congress2018/greeting/
○講演者 由井寅子JPHMA名誉会長 基調講演(両日)
      他、ゲスト講演者、JPHMA認定ホメオパス多数参加予定

●お申込みは、以下の特設サイトより
       http://jphma.org/congress2018/
※今後、特設サイトに情報をアップしていきます。お見逃しなく
**************************************************

<コングレスプレイベントのご案内>【11月11日(日)】
コングレスを記念して、皆様にホメオパシーをもっと身近に!
ホメオパシーの素晴らしさをもっと実感!していただく、プレイベント開催sign03
皆で!ホメオパシーを盛り上げていきましょうhappy01

○日 時  2018年11月11日(日)10:00~12:30
○会 場  CHhom東京・札幌・名古屋・大阪・福岡
 <タイムテーブル(予定)>
   (前半)ZENホメオパシー クライアントさんによる体験発表
   (後半)とらこ先生もライブトーク 皆様からのお便りに答えます!

○参加費
   コングレスお申込みの方:無料
   一般:2,000円/スペシャル会員:1,500円/学生:1,000円
★参加者全員にプレゼントsign03
   ①インチャDVD①~⑧いずれか1枚プレゼント!
   ②レメディーシールフルセット(第1版)も特別プレゼント!
   ③JPHMA会員ポイントは、2倍です!

●お申込み&詳細
http://www.homoeopathy.ac/11res…/20181111_congress_event.php

630230_chhom_11115

2018年11月 3日 (土)

冬にの季節に備えて!「インフルエンザに手洗いは有効か?」【再掲】

肌寒く、空気が乾燥した季節がやってきました。
これからの風邪インフルエンザ対策はしていますか?

「手洗い」が、それらの感染予防に効果があるのか?Ilm19_cb01013s
考えてみましょう。

「手洗い」は、手についた細菌などを洗い流す目的で行うものです。

しかし、細菌などは手だけでなく、服や頭髪、顔などの露出した部分にも付着します。「手洗い」はごく一部にすぎませんので、「ある程度の効果がある」という言い方が、ぴったりだと思います。

皮膚は、第一のバリアなのですよーーーhappy01

Ilm09_da15001s_3手のひらなど皮膚の表面には常在菌が存在しています。

常在菌は皮脂を栄養源にして酸性代謝物を排出して、皮膚は弱酸性に保たれているのです。

多くの細菌などは酸性環境で生存できませんので、常在菌は外部から侵入しようとする細菌などから、身体を守っているのです。

手洗いを過剰にしてしまうことで、常在菌が減って、皮膚のバリア機能を低下させることは、もったいないですよね。

手洗いやアルコール消毒はほどほどに…が良いのではないかと思います。

ちなみに、インフルエンザウイルスは気道の粘膜にしか
感染できませんので、「手洗い」は予防にならないようです。

ホメオパシーは予防も得意としています。
ぜひインフルエンザなどの予防プログラムを試してみてください。

内容が聞きたい方、困った急性症状について、電話で無料
サポート
させていただいております。(TEL:052-533-0171) 
お気軽にお問い合わせください。

毎月開催している座談会ですが、11月のテーマは、「冬の感染症」
関して、誰でもレメディーが簡単に使えるようにお話いたします。
ご参加お待ちしております。
******************************************************
ホメオパシー座談会Photo
    『冬の感染症~誰でも使える!簡単レメディー~』
日 時 : 11月14日(水)10:30~12:00
進 行 : 鈴木寛子JPHMA認定ホメオパス
会 場 : 日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費 : 会員1,000円/一般1,500円(お茶・お菓子付き)
※はじめてのお客様をご紹介いただくと、どちらも参加費が
 500円になります。


※お申し込みは、コチラ または
 TEL:052-533-0171
   または、Mail:Chhom-nagoya@homoeopathy.acまで!
******************************************************

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Copyright (C) 2012 College of Holistic Homoeopathy All Rights Reserved.