« 5/16(木)【岐阜県瑞穂開催】梅雨にも負けず 夏にも負けない元気な子!~とびひ・水いぼ・しらみ・熱中症・低気圧などの対策~ | トップページ | 【豊受野菜】5/10入荷情報 ★ふき味噌入荷 »

2019年5月 9日 (木)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス 発達障害「お母さん自身のケア」

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。
Photo_15
竹内基幸ホメオパスの自己紹介:  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2015/02/post-5fbd.html
---------------------------
「発達障害」シリーズとして、今までの記事です。
 「発達障害は、障害?それとも個性?」 

 「発達障害の特徴」
 「発達障害の主なもの(分類)」
 「発達障害の発達障害と躾(しつけ)①」   
 「発達障害の発達障害と躾(しつけ)②」
 「あたなの子どもは視覚優位?聴覚優位?」
 「読み書きが苦手」
 「記憶力が弱い、聞き返しが多い」
 「パニック」
 「注意力散漫」

GWは10連休を楽しめましたか!?
この時期は、五月病などもある時期ですので
お子様には、いつもより手厚くケアしてあげると良いと思います。

今回は「お母さん自身のケア」に関して、書いていきます。
ホメオパシー健康相談会をやっていますと、
お子様の問題でいらっしゃているのですが
お母さんが自分らしく、生き生きと過ごすことで、お子様の症状はもちろん
家族全体がよい状態になっていくことがあります。
家族にとって、お母さんの存在は大きいものです。

「大きな存在にならなくては!」と気負うことはありません。
発達障害の子をお持ちのお母さんは、気を使うところが多いうえに
お子さんの対応が大切などと言われ、プレッシャーがかかる事と思います。
そんなことへの自分のケアについて、書いていきたいと思います。
発達障害のお子さんのお母さんだけではなく、「自分へのケアについて」
子育ての上で参考になることがあると思いますので、お読みください。

発達障害の子どもとのかかわりが、しんどく感じる時期があるかもしれません。そういう場合は、自分を緩めて友達になって一緒に遊ぶくらいの感覚で子どもと向き合ってみることも良いかもしれません。
つらいときや自分ひとりで解決できない時は、話せる先生や学年主任、養護教論、スクールカウンセラーなどにSOSを出してください。また、ホメオパシー健康相談会にて、ホメオパスにも解決法を相談してみてください。
子どもへの対応で、ついカッとなったりイライラすることがあると思います。どうにも怒鳴ったり、手が出そうな時は、「何もしない」「何も言わない」と決めておくのが良いと思います。言わないように我慢して、自分の中に抑圧してしまうと病気を作ってしまいます。自分なりの「発散」する場、状況を作ってください。そのイライラ・怒りの根源は、インナーチャイルドからからくるものかもしれません。その場合はインチャを癒す必要があるでしょう。
根気のいることなので、親も完璧にやろうとせずに、対応を全てやめて休む日があってよいのです。変化がなかなか得られないことや、できることができなくなっても、がっかりすることはありません。少しずつ進んでいっていると思います。

長くなりましたので、レメディーの紹介は次回にしたいと思います。
全ては子どもの幸せを考えてのお母さんの行動だと思いますが、
お母さん自身のケアをしっかりしてあげることで、お子さんに対応するときに
心持が変わってくることがあります。また、お子さんが発達障害だからといって
分かっていないわけではなく、お子さんもお母さんの幸せな姿が見たいわけです。
ぜひ、お母さんのいきいきした姿を見せてあげてください。
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
竹内先生が進行役となるホメオパシー勉強会が5/16(木)≪岐阜県瑞穂市≫にて開催されます。おススメです

ホメオパシー勉強会
「梅雨にも負けず 夏にも負けない元気な子!」
~とびひ・水いぼ・しらみ・熱中症・低気圧などの対策~
日  時:2019年5月16日(木) 
 ①10:45~ 勉強会 <梅雨にも負けず梅雨にも負けない元気な子!>
 ②12:30~ ランチ懇談会
 ③14:00~ とらこ先生の「インナーチャイルド入門」上映会(90分)
講  師:竹内基幸ホメオパス
参加費:1,000円(ランチ代:別途1,296円)
会  場:総菜屋Mam825 岐阜県瑞穂市野白新田57-3

※お申し込みは、
TEL:052-533-0171 または、Mail:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190516_mizuho.php
Photo_14

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、
ご要望にお応えできるメニューを取り揃えています。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp
Photo_2
ホメオパシーセンター名古屋本部では、曜日毎にホメオパスがそろっています。
体・心・魂を三位一体でみていくホメオパシーでは、自己治癒力を触発して
自分自身で健康になることができます。この機会に、ぜひ各種 健康相談会を
ご検討ください。

Photo_3
全国にも日本ホメオパシーセンターがあります。各センターによりセッション内容
など違うこともありますので、お問い合わせください。                          
                         http://jphma.org/nintei/center.html

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30