« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

6/8(土)【名古屋校中継決定】とらこ先生・高野先生ジョイントセミナー「症状の見極め方からホームキットの活用法まで」

とらこ先生・高野先生ジョイントセミナー開催!
CHhom東京校、札幌校、名古屋校、福岡校にて中継決定!
ホメオパシーを日本に広めた、とらこ先生と自然派医師 高野先生による、ジョイントセミナーを開催します!
Photo_24
とらこ先生が日本に初めてレメディー・キットをもたらしてから、20年以上が経ち、全国で数えきれないほどのご家庭が、その恩恵を受けられてきました。
健康の基本は、家庭にあり。
とらこ先生からキットを活用した自然な体のケアと心の在り方について学び、健やかな心身を育み、毎日を幸せに生きましょう。
また、自然派小児科医として人気の高野先生は、数字で健康をはかるのではなく、人それぞれの個性に重きをおいて、健康に対するアドバイスをするお医者さんです。子供から大人まで、どうやって免疫を高めて、内なるドクター(自然治癒力)を発揮させるかについて教えていただきます。

①14:30 ~
『自身と家族の健康を守るために知っておきたい大切な話』
  講師:高野弘之(小児科医 豊受クリニック院長)
・症状が出た際、まず何が必要かを見極めることが必要です。恐れることなく自信をもって家族をサポートするためのお話です。

②15:45 ~
『とらこ先生のレメディー・ホームキットなどの賢い活用法』
  講師:由井寅子(日本豊受自然農㈱代表 CHhom学長)
・家庭に1つホームキットが入れば、様々な急性症状に役立ちます。セルフケアにおけるホームキットの活用法をお話しします!

③16:45 ~
『高野先生、由井先生による対談』

日時:6/8(土)14:30~17:00
会場:京都リサーチパークライブ、名古屋校中継
参加費:一般:2,000円/豊受会員:1,000円/学生・認定者:1,000円
  ※6/9 シンポジウムご参加の方は無料
お申込みは、以下から!
 FBにて「参加」をポチッと!
 TEL:052-533-0171
 Meil:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190608_kyoto.php

京都に行ける方は、ぜひ京都で6/9(日)シンポジウムと一緒にご参加ください。
※京都シンポジウムと一緒に京都でお申込む場合には、以下から!
https://toyouke.com/kyoto2019/entrypage/

2019年5月29日 (水)

【開催報告】座談会「ファーストエイド・ホメオパシー◇怪我&事故!」鈴木寛子ホメオパス

 爽やかな初夏のような季節の中、日本ホメオパシーセンター名古屋本部にて、第一・第三日曜日のホメオパシー健康相談会を担当されている鈴木寛子ホメオパスによる座談会「ファーストエイド・ホメオパシー◇怪我&事故!」が開催されました。

Hp_5

 最初に、ホメオパシーと現代医学の考え方の違いを説明した上で、副作用のないレメディーをまずとってみること、病院に運んでいる間にもレメディーをとってみることを、鈴木先生が話されました。
 本題の「事故・怪我」については、まず最初に心のショックや体のショックにあうAcon.(アコナイト)をとること、次に傷や火傷、打撲・捻挫などの症状にあったレメディーやマザーチンクチャーをとることをおススメ。その他にも傷や火傷をおった時のホメオパシー以外の対処方法など、幅広く対処できるように説明していただきました。
 参加者の体験談には「火傷した箇所に蒸気にあてた後に、レメディーでもケアすることで、痛みが和らぎ水ぶくれにならなかった」「麻酔の後に取るレメディーを、術前にとったことで麻酔の効きが悪くなった」など、座談会ならではのすぐに実践できる有用な情報が飛び交いました。

 終了後に豊受レトルト「カレーランチ」をいただきながら、参加者の7ヶ月の赤ちゃんにも癒され、子育てのお話しやいろいろな質問に答えたり、穏やかな雰囲気でのランチ懇談会となりました。

 次回は、6月21日に、ワークショップ「ハーブを楽しもう!ハーブティーを取り入れ健康生活」を開催いたします。皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

 

2019年5月22日 (水)

【開催報告】岡崎出張ホメオパシー勉強会「ハーブとホメオパシー」谷祐子ホメオパス

 岡崎市にある小幡建設セミナールームにて、谷祐子ホメオパスにより、自然療法ホメオパシー勉強会「ハーブとホメオパシー」が開催されました。
Photo_22  
 最初にハーブのチンクチャーとレメディーの違いや使い分けを説明、チンクチャーを飲用してとる方法の他に、お風呂に入れたり、クリームと混ぜたり、点眼など、様々なバリエーションを紹介していただきました。
 症状別としては、「目の問題」「免疫アップ」「睡眠や五月病」「肉体疲労」「皮膚の問題」それぞれのハーブの効能の説明していただき、体験談として「スーヤ(ニオイヒバ)のチンクチャー直接ウオノメに塗ってとれたこと」「腰湯にスーヤを入れてインキンタムシが改善したこと」などをお話しいただきました。「身近なハーブが様々に対処できて素晴らしいこと、そのハーブの恩恵を受けて自分と家族の健康を守ることができる」と谷先生は強調されました。
 茶話会では、竹内基幸ホメオパスと一緒に、いろいろな疑問やそれぞれが抱えている問題のアドバイスを受けられて、満足頂いたようです。
 参加していただいた皆さまに、チンクチャーの有効性や使い方について知っていただき、日々の生活に取り入れていただけることと思います。お越しいただいた岡崎市周辺の皆様、ありがとうございました。

2019年5月19日 (日)

お得な【早割5/31まで延長!】<6/9(日)第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム>

★お得な早割は5/31まで延長となりました!★
京都シンポの御案内が早割後となる方も多く
おられたための配慮で実施となりました!

6月9日(日)京都にて開催される、第8回「日本の農業と食を考えるシンポジウム」
ステージ発表内容も決定してきています!

◆会員のステージ発表決定!
○基調講演(由井 寅子
 「みんなが 幸せになるための 農業・食・生き方」
  症例①「食べ物の執着はインチャから生じる」
    ②「自分を大事にする自然な食、生き方で、病気も治る」   
○事例発表 「妊娠・出産・育児における
         自然な食事と心と体のケアの大切さ」   
  宮前お産宿えん助産院  西田 つや子ホメパス
○事例発表 「QX−SCIOを活用した新しい健康ケアの可能性」   
  日本ホメオパシーセンター京都宇治 井内 剛次ホメオパス
○体験談発表 「信仰心を高め、食や生き方を改善で、
             健康、幸せになった方の体験談」
  発表者:インナーチャイルドセラピスト・CHhom6期 卒業生

動画もご覧ください!

<登壇者・発表者>
由井寅子大会長の基調講演、フラワーエッセンス研究家の東昭史先生、オーガニック農業コンサルタントの野々川尚先生、自然をこよなく愛するアウトドア派タレントの鉄崎幹人先生 他
■詳細&お申込みは、特設サイトで!
 http://toyouke.com/kyoto2019/

<第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム>のプレイベントとして、
6/8(土)とらこ先生・髙野先生ジョイントセミナー「症状の見極め方からホームキットの活用方法まで」を開催いたします。

<タイムスケジュール>
14:30 ~ 髙野 弘之 (小児科医 豊受クリック院長)
   「自身と家族の健康を守るために知っておきたい大切な話」
15:30 ~ 休 憩(15分)
15:45 ~ 由井 寅子 (日本豊受自然農代表、CHhom学長)
   自然療法を使った家庭での健康ケア
  「とらこ先生のレメディー・ホームキットなどの賢い活用法」
16:45 ~ 髙野先生、由井先生による対談
17:00  終了予定
Photo_13

■日 時 : 6月 8日(土)14:30~17:00
■会 場 : 京都リサーチパーク バズホール
     (西地区4号館 地下1階-シンポジウムと同会場)
■出 演 : 由井寅子(日本豊受自然農(株)代表)
       髙野弘之(豊受クリック 院長)
■参加費 : 一般 2,000円 豊受会員 1,000円
       ※6/9 シンポジウムご参加の方は【無料】
※お申込みは、TEL:052-533-0171
  6/8のみお申込みの方は、
    http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190608_kyoto.php
  シンポジウムと一緒に申込みの方は、
    https://toyouke.com/kyoto2019/entrypage/

2019年5月17日 (金)

【開催報告】岐阜県瑞穂市開催ホメオパシー勉強会「梅雨にも負けず、夏にも負けない元気な子!」

 岐阜県瑞穂市の総菜屋Mam825さんにて、自然療法ホメオパシー勉強会「梅雨にも負けず、夏にも負けない元気な子!」が、日本ホメオパシーセンター名古屋本部の竹内基幸ホメオパスを講師として開催されました
Hp_4

 ホメオパシー初心者の方が多かったため「ホメオパシーとは?」の説明から始まり、勉強会本編では、もうすぐやってくる梅雨や夏のいや~な季節を元気で乗り切るための対策について、荒天時や気圧の変化で体調が悪くなる時のレメディーやチンクチャーや、「熱中症」「プール熱や水イボ」「日焼け、汗疹や虫刺され」などの夏の感染症や夏に役立つホメオパシー情報を、実生活でのレメディー体験を入れながら説明していただきました。それぞれの説明の際にレメディーの取り方について、ペットボトルやコップで取る方法、舌下に直接入れる方法など具体的にお話しいただき、「どの取り方も間違いではないので、取り入れやすい方法でやること」「レメディー選びで間違っても体にダメージはないので、間違いを恐れずレメディーをどんどん使って欲しい」と竹内先生は強調されました。

 ランチ懇親会では、勉強会とは別に「妊娠・出産」「自分の持っている持病」など知りたいことを聞けて、リラックスした時間を過ごしていただきました。最後の寅子先生「インナーチャイルド癒し入門」上映会では、力強い寅子先生のお言葉をかみしめるように見入った様子でした。
岐阜県瑞穂市周辺のご参加の皆さん、ありがとうございました。

 日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、座談会<ファーストエイド・ホメオパシー>を開催いたします。1回目の5月29日(水)には「事故&怪我」を、2回目の7月11日(木)には「更年期を穏やかに乗り切る!」をテーマに開催いたします。合わせて「ホメオパスと一緒にランチ会」も開催!皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

 

2019年5月15日 (水)

5/24ファミリーホメオパスコース無料公開講座 由井学長ライブ授業「心構え」

令和元年ファミリーホメオパスコースの第1回目の授業無料公開講座となりました。由井学長のライブ授業(名古屋中継)でホメオパシー基礎となえう「心構え」です。まだまだ入学は十分間に合います!
Photo_18
由井学長のライブ授業を体感できる機械は本当に稀、貴重です。
渾身の熱のこもった授業を体感しにお越しください!

1年制ファミリーホメオパスコースは家庭の急性症状をホームキットで
対処できるスペシャリストを養成するコースです。
授業は1年間で34回、ホメオパシーやレメディーのお勉強はもちろんのこと
自分自身、または家族が楽に生きれるように、インナーチャイルド癒しや
哲学、農業や食に至るまで、とても内容の深い1年間となること必至です!
あなたの人生を変えるかもしれないファミリーホメオパス1年コースに是非!!

※5/24無料公開講座のお申込みは、以下から!
  TEL:052-533-0171 
  MAIL:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/open_campus.php
 
プロのホメオパスを目指すプロフェッショナルホメオパスコースもまだまだ入学可能ですので、ご相談ください。
プロフェッショナルコース、ファミリーホメオパスコースの授業を体験できるオープンキャンパスを、ご都合に合わせてDVD視聴することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

※オープンキャンパスお申込みは、CHhom名古屋校に!
  TEL:052-533-0171 
  MAIL:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
※学校案内書類&入学願書請求は、コチラ   
----------------------
【プロフェッショナルホメオパス養成コース・メニュー】
  「ホメオパシー病理学学ぶ ~脳神経と感覚~」由井先生
  「ホメオパシー病理を学ぶ ~腸の機能と病理の見方~」
  「ホメオパシー病理を学ぶ ~胃・肝臓・膵臓~」由井先生
  「マヤズム論」由井先生
  「ホメオパシー心理学を学ぶ」由井先生


【ファミリーホメオパス養成コース・メニュー】
  「予防と予防接種概説を学ぶ」由井先生
  「セルフケア総論 ~マイクロキットの概説及びレメディ~」由井先生
  「マヤズム概論①を学ぶ」由井先生
  「ホメオパシー病理を学ぶ」由井先生
  「農業総論」由井先生

プロフェッショナル+ファミリー養成コース学校説明会
 「ホメオパシーで生活の質を変える」
    由井学長、新城講師、菊田講師、松尾講師

CHhom学校案内の最新You Tubeをご覧ください。

2019年5月14日 (火)

5/21(火)【岡崎市開催】自然療法ホメオパシー勉強会「疲れ目・免疫UP・快適睡眠・五月病・肉体疲労」のハーブ・レメディー 谷祐子ホメオパス

190521

①10:30~ 座談会「ハーブとホメオパシー」谷祐子ホメオパス
②11:30~ 茶話会 竹内基幸ホメオパス&谷祐子ホメオパス
  ★ 13:00~ ホメオパシー健康相談会(事前予約が必要です)

大きな力を秘めたハーブ、そして相性の良いホメオパシー。実はハーブから作られたレメディーもくさんあるのです。これらを組み合わせることで相乗効果が期待でき、レメディーだけ、ハーブだけで対処するよりも大きな力を発揮してくれます。今回はハーブエキスを抽出したチンキ剤にもスポットをあてて解説します。後半の茶話会では、テーマに関係なく日ごろ気になっている事・ちょっと聞いてみたいこと等、どんな質問でも大歓迎です!

<参加費> 会員・非会員 500円
<茶話会> ドリンク付き〔参加費無料〕
    ★ホメオパシー健康相談会(事前予約制) 大人10800円 小人・動物8640円
<会 場> 小幡建設株式会社2階セミナールーム
    岡崎市岩津町字新城121番地1(カーナビは120番地で設定してください)
    ※国道248号線沿い(北方向)、ドミー岩津店さん南(信号手前で左折)

※お申込みは、以下から!
  TEL:052-533-0171 または
  Mail:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190521_okazkai.php

2019年5月12日 (日)

世界のホメオパシー◇アメリカ「ホメオパシー使用人数は?レメディー売上げは?」

2007年アメリカで行われた国民健康保険調査では
なんと481万人のアメリカ人がホメオパシーを使用していると公表された。

さらに同年の別調査では、ホメオパシーレメディーの売り上げは29億ドル、
健康相談を受信した費用は。。。

続きは、動画を再生😃


----------------------------
このような世界的に活躍しているホメオパシー療法を、もっと学びたい方
自然療法「ホメオパシー」を学べる日本最大のホメオパス養成学校CHhomは、レメディーの使い方からインナーチャイルドまで、創始者ハーネマンの教えと由井寅子学長の臨床成果に基づく世界でもトップレベルの技術を学ぶことができます。まだまだ2019年度入学可能です。ご興味のある方は、授業を体験できるオープンキャンパスをご都合に合わせて、視聴することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

5/24(金)第1回目のファミリーホメオパスコースの授業が公開講座となりました。
講師は、由井学長です。東京ライブで、名古屋同時中継での授業となります。
ぜひご参加ください!

※オープンキャンパスお申込みは、CHhom名古屋校に!
  TEL:052-533-0171 
  MAIL:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
※学校案内書類&入学願書請求は、コチラ   
----------------------
【プロフェッショナルホメオパス養成コース・メニュー】
  「ホメオパシー病理学学ぶ ~脳神経と感覚~」由井先生
  「ホメオパシー病理を学ぶ ~腸の機能と病理の見方~」
  「ホメオパシー病理を学ぶ ~胃・肝臓・膵臓~」由井先生
  「マヤズム論」由井先生
  「ホメオパシー心理学を学ぶ」由井先生


【ファミリーホメオパス養成コース・メニュー】
  「予防と予防接種概説を学ぶ」由井先生
  「セルフケア総論 ~マイクロキットの概説及びレメディ~」由井先生
  「マヤズム概論①を学ぶ」由井先生
  「ホメオパシー病理を学ぶ」由井先生
  「農業総論」由井先生

プロフェッショナル+ファミリー養成コース学校説明会
 「ホメオパシーで生活の質を変える」
    由井学長、新城講師、菊田講師、松尾講師

CHhom学校案内の最新You Tubeをご覧ください。

2019年5月11日 (土)

お得な【早割5/15まで!】<6/9(日)第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム>

お得な早割5/15まで!
お早目にお申込みください。

6月9日(日)京都にて、第8回「日本の農業と食を考えるシンポジウム」を開催いたします。これからの日本の未来を明るく、健康に幸せにしていくための解決策をともに考えていく大会とするために、「みんなが健康で幸せになる 農業・食・生き方」をテーマとし、京都サイエンスホール バズホールにて開催いたします。

まずは、動画をご覧ください!

<登壇者・発表者>
由井寅子大会長の基調講演、フラワーエッセンス研究家の東昭史先生、オーガニック農業コンサルタントの野々川尚先生、自然をこよなく愛するアウトドア派タレントの鉄崎幹人先生 他
■詳細&お申込みは、特設サイトで!
 http://toyouke.com/kyoto2019/

<第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム>のプレイベントとして、
6/8(土)とらこ先生・髙野先生ジョイントセミナー「症状の見極め方からホームキットの活用方法まで」を開催いたします。

<タイムスケジュール>
14:30 ~ 髙野 弘之 (小児科医 豊受クリック院長)
   「自身と家族の健康を守るために知っておきたい大切な話」
15:30 ~ 休 憩(15分)
15:45 ~ 由井 寅子 (日本豊受自然農代表、CHhom学長)
   自然療法を使った家庭での健康ケア
  「とらこ先生のレメディー・ホームキットなどの賢い活用法」
16:45 ~ 髙野先生、由井先生による対談
17:00  終了予定
Photo_13

■日 時 : 6月 8日(土)14:30~17:00
■会 場 : 京都リサーチパーク バズホール
     (西地区4号館 地下1階-シンポジウムと同会場)
■出 演 : 由井寅子(日本豊受自然農(株)代表)
       髙野弘之(豊受クリック 院長)
■参加費 : 一般 2,000円 豊受会員 1,000円
       ※6/9 シンポジウムご参加の方は【無料】
※お申込みは、TEL:052-533-0171
  6/8のみお申込みの方は、
    http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190608_kyoto.php
  シンポジウムと一緒に申込みの方は、
    https://toyouke.com/kyoto2019/entrypage/

2019年5月10日 (金)

【豊受野菜】5/10入荷情報 ★ふき味噌入荷

長い連休が明けて、休み疲れが出ていませんか?
そんな時は豊受野菜で疲労回復!

【本日入荷の豊受野菜】
・スナップエンドウ
・九条ネギ
・ブロッコリーとう菜
・豊受菜
・サニーレタス
・玉ねぎ(貝塚早生/湘南レッド)
・ほうれん草(ビロフレー)
・里芋(白柄)
・春菊
・ルッコラ
・にら
・チンゲン菜
Photo_17 ふき味噌(700円(税抜)/120g)
北海道洞爺農場のふきのうとうを使ったふき味噌が入荷しました!
ご飯にのせて、野菜につけて召し上がれ~♪

2019年5月 9日 (木)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス 発達障害「お母さん自身のケア」

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。
Photo_15
竹内基幸ホメオパスの自己紹介:  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2015/02/post-5fbd.html
---------------------------
「発達障害」シリーズとして、今までの記事です。
 「発達障害は、障害?それとも個性?」 

 「発達障害の特徴」
 「発達障害の主なもの(分類)」
 「発達障害の発達障害と躾(しつけ)①」   
 「発達障害の発達障害と躾(しつけ)②」
 「あたなの子どもは視覚優位?聴覚優位?」
 「読み書きが苦手」
 「記憶力が弱い、聞き返しが多い」
 「パニック」
 「注意力散漫」

GWは10連休を楽しめましたか!?
この時期は、五月病などもある時期ですので
お子様には、いつもより手厚くケアしてあげると良いと思います。

今回は「お母さん自身のケア」に関して、書いていきます。
ホメオパシー健康相談会をやっていますと、
お子様の問題でいらっしゃているのですが
お母さんが自分らしく、生き生きと過ごすことで、お子様の症状はもちろん
家族全体がよい状態になっていくことがあります。
家族にとって、お母さんの存在は大きいものです。

「大きな存在にならなくては!」と気負うことはありません。
発達障害の子をお持ちのお母さんは、気を使うところが多いうえに
お子さんの対応が大切などと言われ、プレッシャーがかかる事と思います。
そんなことへの自分のケアについて、書いていきたいと思います。
発達障害のお子さんのお母さんだけではなく、「自分へのケアについて」
子育ての上で参考になることがあると思いますので、お読みください。

発達障害の子どもとのかかわりが、しんどく感じる時期があるかもしれません。そういう場合は、自分を緩めて友達になって一緒に遊ぶくらいの感覚で子どもと向き合ってみることも良いかもしれません。
つらいときや自分ひとりで解決できない時は、話せる先生や学年主任、養護教論、スクールカウンセラーなどにSOSを出してください。また、ホメオパシー健康相談会にて、ホメオパスにも解決法を相談してみてください。
子どもへの対応で、ついカッとなったりイライラすることがあると思います。どうにも怒鳴ったり、手が出そうな時は、「何もしない」「何も言わない」と決めておくのが良いと思います。言わないように我慢して、自分の中に抑圧してしまうと病気を作ってしまいます。自分なりの「発散」する場、状況を作ってください。そのイライラ・怒りの根源は、インナーチャイルドからからくるものかもしれません。その場合はインチャを癒す必要があるでしょう。
根気のいることなので、親も完璧にやろうとせずに、対応を全てやめて休む日があってよいのです。変化がなかなか得られないことや、できることができなくなっても、がっかりすることはありません。少しずつ進んでいっていると思います。

長くなりましたので、レメディーの紹介は次回にしたいと思います。
全ては子どもの幸せを考えてのお母さんの行動だと思いますが、
お母さん自身のケアをしっかりしてあげることで、お子さんに対応するときに
心持が変わってくることがあります。また、お子さんが発達障害だからといって
分かっていないわけではなく、お子さんもお母さんの幸せな姿が見たいわけです。
ぜひ、お母さんのいきいきした姿を見せてあげてください。
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
竹内先生が進行役となるホメオパシー勉強会が5/16(木)≪岐阜県瑞穂市≫にて開催されます。おススメです

ホメオパシー勉強会
「梅雨にも負けず 夏にも負けない元気な子!」
~とびひ・水いぼ・しらみ・熱中症・低気圧などの対策~
日  時:2019年5月16日(木) 
 ①10:45~ 勉強会 <梅雨にも負けず梅雨にも負けない元気な子!>
 ②12:30~ ランチ懇談会
 ③14:00~ とらこ先生の「インナーチャイルド入門」上映会(90分)
講  師:竹内基幸ホメオパス
参加費:1,000円(ランチ代:別途1,296円)
会  場:総菜屋Mam825 岐阜県瑞穂市野白新田57-3

※お申し込みは、
TEL:052-533-0171 または、Mail:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190516_mizuho.php
Photo_14

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、
ご要望にお応えできるメニューを取り揃えています。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp
Photo_2
ホメオパシーセンター名古屋本部では、曜日毎にホメオパスがそろっています。
体・心・魂を三位一体でみていくホメオパシーでは、自己治癒力を触発して
自分自身で健康になることができます。この機会に、ぜひ各種 健康相談会を
ご検討ください。

Photo_3
全国にも日本ホメオパシーセンターがあります。各センターによりセッション内容
など違うこともありますので、お問い合わせください。                          
                         http://jphma.org/nintei/center.html

2019年5月 8日 (水)

5/16(木)【岐阜県瑞穂開催】梅雨にも負けず 夏にも負けない元気な子!~とびひ・水いぼ・しらみ・熱中症・低気圧などの対策~

Photo_14
<コンテンツ>
①10:45~ 勉強会 <梅雨にも負けず梅雨にも負けない元気な子!>
③12:30~ ランチ懇談会
③14:00~ とらこ先生の「インナーチャイルド入門」上映会(90分)

自然療法ホメオパシーで、梅雨から夏にかけての様々な問題を解決しましょう。
経験豊富なホメオパスの体験談や効率的なレメディー・チンクチャーの使い方を
お話しします。テーマと関係ない質問や個人的な質問も大歓迎です♪

<参加費> 1,000円(2階の講座受付にてお支払いください)
<ランチ> 1,296円(1階でお支払いください)
  ※ランチ注文なしでも懇談会は参加できますが、離乳食以外の
   持ち込みはできません。お子様のランチについては、直接
   総菜屋Mam825さんへお問い合わせください。
< TEL 058-327-3745 営業時間11時~19時 >
<会 場> 総菜屋Mam825
      岐阜県瑞穂市野白新田57-3
<講 師> 竹内基幸ホメオパス

※お申込みは、CHhom(シーエイチホム)名古屋校!
 TEL:052-533-0171
 MAIL:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190516_mizuho.php

<総菜屋Mam825さんについて>
旬のこだわり野菜、産地・育て方にこだわったお肉やお魚、有機調味料を使ったヘルシーで安心安全なお総菜を提供するお店です。お子様のランチや、その他ランチに関しては、総菜屋Mem825さんへ直接お問い合わせください。なお、当日のランチは「ごはんランチ」です。

2019年5月 6日 (月)

世界のホメオパシー◇アルゼンチン「公衆衛生省に正式に承認されている」

アルゼンチンでは、約3,000人の医師と約500人の薬剤師が
ホメオパシーを実践している。

93%のアルゼンチン人はホメオパシーを認識している。
そして、40%の国民がホメオパシーを使用し
さらに、16%の国民が定期的に使用している。

続きは、動画を再生😃


----------------------------
このような世界的に活躍しているホメオパシー療法を、もっと学びたい方
自然療法「ホメオパシー」を学べる日本最大のホメオパス養成学校CHhomは、レメディーの使い方からインナーチャイルドまで、創始者ハーネマンの教えと由井寅子学長の臨床成果に基づく世界でもトップレベルの技術を学ぶことができます。まだまだ2019年度入学可能です。ご興味のある方は、授業を体験できるオープンキャンパスをご都合に合わせて、視聴することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

※オープンキャンパスお申込みは、CHhom名古屋校に!
  TEL:052-533-0171 
  MAIL:chhom-nagoya@homoeopathy.ac
※学校案内書類&入学願書請求は、コチラ   
----------------------
【プロフェッショナルホメオパス養成コース・メニュー】
  「ホメオパシー病理学学ぶ ~脳神経と感覚~」由井先生
  「ホメオパシー病理を学ぶ ~腸の機能と病理の見方~」
  「ホメオパシー病理を学ぶ ~胃・肝臓・膵臓~」由井先生
  「マヤズム論」由井先生
  「ホメオパシー心理学を学ぶ」由井先生


【ファミリーホメオパス養成コース・メニュー】
  「予防と予防接種概説を学ぶ」由井先生
  「セルフケア総論 ~マイクロキットの概説及びレメディ~」由井先生
  「マヤズム概論①を学ぶ」由井先生
  「ホメオパシー病理を学ぶ」由井先生
  「農業総論」由井先生

プロフェッショナル+ファミリー養成コース学校説明会
  「ホメオパシーで生活の質を変える」
    由井学長、新城講師、菊田講師、松尾講師

CHhom学校案内の最新You Tubeをご覧ください。

2019年5月 5日 (日)

6/8(土)プレイベント「とらこ先生・髙野先生ジョイントセミナー」<第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム>

<第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム>のプレイベントとして、
6/8(土)とらこ先生・髙野先生ジョイントセミナー「症状の見極め方からホームキットの活用方法まで」を開催いたします。

<タイムスケジュール>
14:30 ~ 髙野 弘之 (小児科医 豊受クリック院長)
   「自身と家族の健康を守るために知っておきたい大切な話」
15:30 ~ 休 憩(15分)
15:45 ~ 由井 寅子 (日本豊受自然農代表、CHhom学長)
   自然療法を使った家庭での健康ケア
  「とらこ先生のレメディー・ホームキットなどの賢い活用法」
16:45 ~ 髙野先生、由井先生による対談
17:00  終了予定
Photo_13

■日 時 : 6月 8日(土)14:30~17:00
■会 場 : 京都リサーチパーク バズホール
     (西地区4号館 地下1階-シンポジウムと同会場)
■出 演 : 由井寅子(日本豊受自然農(株)代表)
       髙野弘之(豊受クリック 院長)
■参加費 : 一般 2,000円 豊受会員 1,000円
       ※6/9 シンポジウムご参加の方は【無料】
※お申込みは、TEL:052-533-0171
  6/8のみお申込みの方は、
    http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20190608_kyoto.php
  シンポジウムと一緒に申込みの方は、
    https://toyouke.com/kyoto2019/entrypage/

もちろん!6月9日(日)第8回「日本の農業と食を考えるシンポジウムも同会場にて開催されます。ぜひご参加ください。
テーマは、「みんなが健康で幸せになる 農業・食・生き方」

<登壇者・発表者>
由井寅子大会長の基調講演、フラワーエッセンス研究家の東昭史先生、オーガニック農業コンサルタントの野々川尚先生、自然をこよなく愛するアウトドア派タレントの鉄崎幹人先生 他

■詳細&お申込みは、特設サイトで!
 http://toyouke.com/kyoto2019/

全国から京都へ、ぜひお集まりください!!

2019年5月 3日 (金)

【豊受野菜】5/3入荷情報 ★ルッコラ入荷!

  GWも後半戦!天候も良い日が続いていますね!
外食が続くと体調を崩しやすいので、豊受野菜でシンプルサラダなど
おすすめです♪Photo_12

【本日入荷の豊受野菜】
・スナップエンドウ
・九条ネギ
・じゃがいも
・サニーレタス
・ほうれん草
・新玉ねぎ
・里芋
・甘夏
・ルッコラ
・豊受菜
・チンゲン菜
・春菊
・にら 

明日、5/4は小名木先生(ねずさん)の講演会です。
名古屋校では筑前煮定食(864)もご用意して
お待ちしておりま~す。

2019年5月 2日 (木)

発表者【野々川尚先生】<動画UP>「第8回 日本の農業と食を考えるシンポジウム」

6月9日(日)京都にて、第8回「日本の農業と食を考えるシンポジウム」を開催いたします。テーマは、「みんなが健康で幸せになる 農業・食・生き方」
京都サイエンスホール バズホールにて開催いたします。

発表者であるオーガニック農業コンサルタントの『野々川尚先生』
まずは、動画のメッセージをご覧ください!

<野々川先生 プロフィール>
昭和30年(1955年)東京生まれ、東京育ち。父親も兄も公務員という農業とは無縁の家庭で育つ。警察官・自衛官を務めた後、北海道で出会った妻が農家の出身だった縁で、昭和57年に北海道で無農薬・無化学肥料の農業を始める。昭和63年には日本初の生産者主体で農産物を消費者へ直送する宅配システム「野菜倶楽部北海道」を確立。その後、西オーストラリア州政府の要請を受け、日本向け大規模農場の技術指導者として豪州へ移住する。300ヘクタール(東京ドーム約64個分)に及ぶ巨大農場でのオーガニック(無農薬・無化学肥料)栽培を実現させ、メディアにも多数取り上げられる。さらに、中国や東南アジア地域からも多数の依頼が寄せられ、20年間海外で技術普及に努めた。現在は、日本の食料自給率の向上と世界の食料不足の解決を目指し、日本全国で栽培指導、農業指導活動を行なっている。

<登壇者・発表者>

由井寅子大会長の基調講演、フラワーエッセンス研究家の東昭史先生、オーガニック農業コンサルタントの野々川尚先生、自然をこよなく愛するアウトドア派タレントの鉄崎幹人先生 他

■詳細&お申込みは、特設サイトで!
 http://toyouke.com/kyoto2019/

★お得は早割は、5月15日まで!

前日の 6月8日(土)には同じ会場にて、とらこ先生と高野弘之先生によるジョイントでのプレイベントも開催いたします!
6/9(日)京都シンポジウムに参加の方は、無料となります。
<スケジュール>
 14:30~ 高野先生「自身と家族の健康を守るために知っておきたい大切な話」
 15:45~ とらこ先生「レメディー・ホームキットなどの賢い活用法」

全国から京都へ、ぜひお集まりください!!

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30