« 12/24(月祝)とらこ先生ライブ講演『苦しみはありがたい』- 幸せに生きられるZENホメオパシー | トップページ | 【開催報告】ホメオパシー座談会「お元気!腸から肛門」竹内基幸ホメオパス »

2018年12月 3日 (月)

消化器「腸と肛門」の大事なお話

「腸は大事!」というのは、皆さん知っていることと思いますが
どの様に大事なのでしょうか?

小腸は内壁が輪状のヒダになって、さらにヒダの表面にはR6a1d001cs
無数のジュウモウが密生しています。ジュウモウの数は、小腸全体で、500万本以上あり、ジュウモウを伸ばした面積は成人では、テニスコート1面分あると言われています。
そして、小腸には腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)が100種類、1000兆個いるのだそうです

人間の体って、本当に神秘的です。

ジュウモウ1本に、1本のリンパ管が通っており、そこで免疫グロブリン
が産生されます。ですから、腸では、外来抗原の侵入を防御する
システムがあり、免疫グロブリンの数や量は身体全体の60%を
しめています。腸管には、からだの中で最大の規模の免疫器官が配置
されているといえるでしょう。

また、千島学説では、赤血球は消化された食べ物が腸のジュウモウで
変化したものである。と言っています。

Gum06_cg02029s

食べた物が血となるため、腸では免疫力が高くなければいけない。と
理にかなっているように思います。
自然な食べ物を食べることや、腸内細菌を活性化する発酵食品を
食べることは、とても大事になってきます。それが血となり、身体の
隅々まで血がめぐって、細胞1つ1つに栄養を与えるわけです。

このような、『腸』のことを学ぶホメオパシー座談会12/5(水)
「お元気!腸から肛門」のテーマにて開催されます。そこでは、
分かりやすく体のことを学び、食べ物のこと、ホメオパシーにできる
サポートのことや、下痢・便秘などの症状に応じたホメオパシー的対処
を説明する予定です。
(初心者の方、大歓迎!参加者にあった説明をします!なんでも質問もできます!)

また『肛門』につきては、肛門三大疾患である「痔核(イボ痔)」
「裂肛(切れ痔)」「痔瘻」
のことや、肛門の痒みポリープ肛門狭窄
肛門脱便失禁(脱糞)のチンクチャーやレメディーを説明します。


当日、
飛び込み参加!大歓迎★お子様連れ!大歓迎★
ご参加お待ちしておいります。
**************************************************
<ホメオパシー座談会>

「お元気!腸から肛門」~造血・免疫・消化液のお話~

日  時:2018年12月5日(水) 10:30~12:00
進行役:竹内基幸ホメオパス323956
参加費:会員1,000円/一般1,500円(お茶・お菓子付き)
       →「紹介キャンペン」でワンコイン500円sign01
※お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20181205_nagoya.php
<紹介キャンペーン>対象イベント
Fb

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31