« 8/31(金)まで★夏の健康相談会キャンペーン継続中 | トップページ | 【パパほめ】竹内基幸ホメオパス「発達障害と躾(しつけ)②」 »

2018年8月19日 (日)

【再掲】私のインナーチャイルド「恥」竹内基幸ホメオパス

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で第一月曜・第三火曜・
水曜・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定ホ
メオパスNo.0864 )に、私のインナーチャイルド『恥』を紹介
してもらいます。

Ad_2

竹内基幸ホメオパスの自己紹介:  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2015/02/post-5fbd.html
---------------------------
私のインナーチャイルドについて、お話しさせていただきたいと
思います。

ある方とのやり取りで、絶望感、不安感が荒れ狂いました。Ilm19_ca05018s
これは「インナーチャイルドが騒いでいる」ということです。

こういう時、インナーチャイルドが騒いだ感情をしっかり感じ、
感情を自覚して、嵐がおさまるのを待ちます。

感情に振り回されすぎて、考えられないからです。
(こういう時にでも、しっかり考えられる方もいるでしょうが。。。)

時間が過ぎて、冷静に考えられるようになった時点で、
その感情がどこからきたものなのか?
考えます。

そうすると、「恥」に思う気持ちが湧いてきました。

人に恥じないように生きなければいけない…という価値観。
そのような価値というのは、自分を「恥」と思っていることと
同じなのですよね。

その「恥」という価値観はいつ作られてきたか?
過去の出来事を考えてみますと、

厳格な父親に、子供のころ「きたねぇな~」と、しかめっ面で
言われていたことを思い出しました。
そのころの父親の顔も鮮明に。

親が軽い気持ちでやった行動や言葉に、
子供は親に見捨てられる。と思い、見捨てられないように

「きたねぇな~」「恥」ということで、

恥じないように生きなければ!
という価値観を持つようになるのです。

そんな価値観を持った、子供のころの自分にさっそく言葉をかけて、
インナーチャイルド癒しをしてみました。

この「恥」のインナーチャイルドは1回だけでは癒されないのかも
しれませんし、「恥」に対して他のインナーチャイルドがあるのかも
しれません。

インナーチャイルドを少しでも癒していき、
とらわれた価値観を捨てていくことは大事なことと思います。

ちなみに、
「向こうに行け!」「あっちに行け!」「きたねぇな~」と
子供のころ、犬のように扱われた方には、

 Lac-c(ラックカナイナム/犬の乳)
のレメディーがよいです。試してみてください。
---------------------------
自分のインナーチャイルドを癒して、困っている方を助けるインナー
チャイルドセラピスト
養成コースが、9月1日から開講します。
9月1日の初回の授業は、【無料】公開講座となっております。
ご興味のある方、必見ですよ。ぜひ授業を体験してみてください。

○9月1日(土)9:50~13:00 由井学長ライブ中継授業第1回目授業
   「インナーチャイルドセラピー概論」

※オープンキャンパスお申込み&詳細内容は、
 http://www.homoeopathy.ac/2012/invitation/open-campus.html


※最後までお読みいただきありがとうございました

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31