« 【開催報告】映画「遺伝子組み換えルーレット」 & 「とらこ先生講演&子宮頸がんワクチン症例」 | トップページ | ★セール★とらこ先生ヨーロッパ4ヶ国カンファレンス発表お祝い »

2017年10月25日 (水)

ホメオパシー健康相談会を受ける方★お困りの症状いろいろ(お子さん)②

ホメオパシー健康相談会では、いろいろな症状でお困りの方に
受けていただいています。

出産して、我が子の困り事をきっかけに、ホメオパシー療法のことを
知ったり、調べたり、使ってみようとする方は多くいらっしゃいます。
急性病はホームキットで対処できますが、慢性病はホメオパシー
健康相談会でないと、なかなか難しいです。

その中で、ホメオパシー健康相談会に来られるお子さんの症状(一部)
としては、Chli070s_2
 ・毎日の夜尿症(おねしょ)
 ・夜泣き
 ・発達障害の疑い
 ・自閉症
 ・落ち着きがない
 ・いじめ
 ・アトピー

などがあります。お子さんのことですので、お母さんも本当に心配されて
相談会にこられます。また、子どもへの接し方というのが、お子さんが
どのように育っていくか?ということに大きくかかわっていきます。
そういったところも話させていただき、家族皆さんが健康でいられるように
ホメオパスからアドバイスさせていただいています。

また、親から受け継いだ遺伝的な傾向や、お母さんの胎内にいる間に
赤ちゃんの体に蓄積した老廃物(胎毒)
など、小さいうちからホメオパシー
療法で負担を軽くするというのは、大事なことと思います。また、好転反応
が起きても、お世話もしやすいと思います。

過去ブログより、『先天性の斜視と毎日の夜尿が改善した』松本美千代
ホメオパス
のケースをお読みください。
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/01/post-ceb2.html

<好転反応とは?>ホメオパシーは自己治癒力を触発し、自分の力で
治癒していけるように導く療法です。レメディーで自己治癒力が高まり、
健康を取り戻す過程で、体から老廃物(体毒)が排出されるために症状
が出ます。このような排泄症状を好転反応といいます。

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会
の他にも、いろいろメニューをそろえています。
まずは、電話・メールにて、お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo
全国にも日本ホメオパシーセンターがあります
               http://jphma.org/nintei/center.html

日本ホメオパシーセンター名古屋本部のホメオパスの講座です!
******************************************************
11/29(水)座談会50回記念
        「発達障害って?~~接し方とホメオパシー的ケアIlm08_ca01034s
日 時  :  11月29日(水) 10:30~12:30(記念につき30分拡大)
参加費  :  一般1500円/とらのこ会員1000円
進 行  :  竹内基幸JPHMA認定ホメオパス
場 所 : 日本ホメオパシーセンター名古屋本部
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20171129_nagoya.php

【座談会50回記念イベント】座談会参加者の方に、「QX-SCIO
ミニセッション
(30分・3,240円(税込)・適用書付き/とらのこ会員
限定)」特別チケットを進呈いたします。
座談会当日から2ヶ月間使用可能です。
******************************************************
※最後までお読みいただきありがとうございました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31