« 【再掲】子どもの夏休みの終わりに!ホメオパシー | トップページ | 【豊受野菜】 9/1入荷情報 ★青しそ、ニラ入荷! »

2017年9月 1日 (金)

【再掲】「初めてのインナーチャイルド癒し②」体験談◇鈴木寛子スタッフホメオパス

CHhomホメオパシープロフェッショナル養成コース4年生を卒業して
JPHMA認定ホメオパスとなった名古屋校スタッフでもある鈴木寛子さん
に「初めてのインナーチャイルド癒し」の体験談を書いてもらいました。
---------------------------
前回の記事では、
インナーチャイルドセラピスト養成コースの授業で出された
宿題で子どもの頃の自分にやっと初めて出会う事ができましたが
そこで見た子どもの私は、丸めた背中を向こうにむけてうずくまった
小さな小さな私でした。卵ぐらいの本当に小さい私でした。
私の周りは、不気味で重苦しそうな黒い球に包まれていました。

 ※前回の記事「初めてのインナーチャイルド癒し①」
    http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/08/post-d88a.html

インナーチャイルド癒しは、小さい頃の自分に呼びかけたり
優しく声をかけたりすることが効果的です。
「ひろこちゃん!ひろこちゃん!」と呼んでみましたが、
その子は全く顔をこちらに向けてくれません。Sshoc198s

呼びかけてみたものの、その子に近づくことがすごく恐怖
たまりませんでした。
その子の顔が般若の面のような表情をしているのではないかと
すごく恐ろしかったのです。

その黒い球ごと小さい子を鷲づかみにして、外へ放り投げたい!
という衝動が湧きあがってきました。今思うと、自分自身の
インナーチャイルドに向き合いたくない、見たくない。という恐怖
だったと思います。

恐怖心はありましたが我慢して、逃げずにそのままの状態に身を
ゆだねることにしました。

しばらくそのままでいると、今度はその子を両手で包み込みたい
気持ちになりました。それと同時に、心が震えてがとめどなく流れ
無意識のうちに「ごめんね。ごめんね。」と声をかけながら、
私は泣きました

泣いた後は、恐怖心が消え、卵大ほどしか見えなかった子供の私が
大きくなり、笑顔で振り向いてくれました。Ilm19_cb01019s_2

これが最初のインナーチャイルド癒しの体験でした。

その翌日、私にとっては大きな出来事が起こりました。
両親と言い合いになった時、「どうせ言っても無駄、わかって
もらえない」といつもは黙ってしまうのですが、その時は初めて
「小さくなってそっぽを向いてなくていいんだ!」と、自分の想いを
父母に訴えることができました。

このようにインナーチャイルドを癒すことで、子どもの頃の価値観
から解放
され、大人の私も縮こまることなく生きていけるのだ
と思いました。
---------------------------
1つ1つインナーチャイルドを見つめて、癒すことは、本当に大事な
ことだと思います。9/2(土)からインナーチャイルドセラピスト養成
コースが開講します。この第1回目の授業が無料公開講座となって
おります。ご興味あるかたは、是非、ご参加ください。

9月2日(土)9:50~13:00 由井学長ライブ中継授業第1回目授業
   「インナーチャイルドセラピー概論」
※お申込み&詳細内容は、
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/open_campus.php


ホメオパシー健康相談会には、インナーチャイルドのことについて
受けていただいている方もいらっしゃいます。他にも日本ホメオパ
シーセンター名古屋本部では、いろいろメニューをそろえています。
まずは、電話・メールにて、お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2
全国にも日本ホメオパシーセンターがあります。
               http://jphma.org/nintei/center.html
※最後までお読みいただきありがとうございました

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30