« ホメオパシー◇いいものだから使いたい!お勧めしたい! | トップページ | 新入生・新入社員など、新しい環境に必要な【レメディー】 »

2017年3月30日 (木)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『思春期の息子』

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

Photo_2

竹内基幸ホメオパスのパパほめ記事
 娘の脇腹の発疹のレメディー」 
    http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/02/post-5ba3.html
---------------------------
息子が思春期にさしかかり、難しい年頃になってきています。
今まで、父親の私にも甘えてきたのに、思春期に入ると、
親に冷たい視線をあびせてきたり、返事もろくにしません。

朝に「おはよう」と言うと、息子は「んっ!」と…。
王様が手下に挨拶する必要はない。といった感じの態度wobbly

しかし、子どもは思春期という大人にさしかかる時期の葛藤により、
どうしようもなく、そのような態度になってしまっているのだと思います。
大人としての成長の葛藤がある中で、個性を打ち出して
自分自身を確立する時期sign03ですからね。

親としては、この難しい思春期の子どもとの接し方は大切で
思春期の息子にイライラせずに、怒ることなく、見守ってあげること。
ここがポイントになると思います。

私は、父親がすぐに怒る人だったので、それを受け継いで
もともとは、すぐに怒りをあらわにする方だったのですが、
CHhomプロフェッショナルホメオパスコースでインナーチャイルド
癒しを実践してきたので、今は、そんな息子の態度にも感情を
乱さずに冷静でいられることができるようになりました。
インチャ癒しは、本当に大事だと思います。

インチャ癒しの力になってくれるのが、日本の花のフラワーエッセンス
思春期の子供へのイラつき、怒りがある方は、以下を試してみてはCst073s
どうでしょうか!

<フラワーエッセンス>
 ・サイカチ:激しい怒りと、その後の虚しさ。他人に対する寛容さ。
 ・ヒガンバナ:古い怒りの感情の抑圧。過去にさかのぼる問題の解決。


また、思春期の反抗(怒り)には、第3チャクラ(太陽神経叢チャクラ)
に作用するRuby(ルビー)がおススメです。
ぜひ、激しい気性で、怒りをあらわにしてくるお子さんに、お試しください。
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
お子さんの成長のためにも、親がインナーチャイルド癒しをすることが
大切ですね。

3/11名古屋にて、とらこ先生ライブ講演会で大好評だった
『もう一度、人生を生き直したい-その解決法-』  4/16(日)東京
講演ファイナルを、名古屋中継することに決まりました。
3/11に参加できなかった方、必見ですよ。ご参加お待ちしております。
  http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2017spring_1.php

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

全国の日本ホメオパシーセンター:http://jphma.org/nintei/center.html
※最後までお読みいただきありがとうございました

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31