« 開催報告◇セルフケアのためのレメディー実践7講座⑥「目指せ!ホメオパシービューティー☆」富田沙織ホメオパス | トップページ | 由井寅子先生◇ホメオパシーの国際会議発表◇3/11は名古屋ライブ講演会!! »

2017年2月24日 (金)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『娘の脇腹の発疹のレメディー』

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

Photo_2

竹内基幸ホメオパスのパパほめ記事
 「子どもの前で泣いて、さらけ出す」(前半)  
   http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/02/post-3418.html
 「子どもの前で泣いて、さらけ出す」(後半) 
  
http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/02/post-3418.html

---------------------------
インフルエンザ様の熱を出した娘ですが、すぐに熱が下がりましたが
1週間後に、脇腹に発疹が出てきました。

Img_5826

発熱では、高熱でしか出せない体の老廃物を排出する効果があり
たまに熱を出すことは良いことです。今回の発疹は、熱の続きで
皮膚から出したい老廃物があったのでしょうsign02

写真のように、発疹がアクティブな状態で、
娘は「痒い!痒い!レメディーちょうだい」と行ってきました。

掻くと皮膚が荒れてヒリヒリするので、掻くのをためらっていたので
まず、『思う存分、掻くように!』と言って、掻いた後のケアに
Cクリームを渡しました。
痒みを掻かずに我慢するのは、すごくつらいので、まず掻かして
あげる、その後に、痒みや皮膚の修復にも良いCクリームなどで
ケアしてあげることが大事です。

そして、とったレメディーは、
 ・Sep(シーピア/イカ墨)
 ・Bac(バシライナム/肺結核ノゾーズ)
 ・Sulph(ソーファー/硫黄)
 ・Rhus-t(ラストックス/アメリカツタウルシ)
 ・Apis(エイビス/ミツバチ)


それらを500mlのペットボトルに1粒ずつ入れて、さらにカンジダの
コンビネーションチンクチャー
を10滴入れて、2週間とりました。

Photo_3

2週間前に比べて、発疹が枯れかけているのがわかると思います。
娘に聞いてみると、痒みもないとのことでした。

せっかく発疹として老廃物を出そうとしているので、ただ抑圧して
発疹をなかったことにしてしまうのは、もったいないですよね。
レメディーを使うことで、体にいらないものであれば出そうという
力が働き、出しきって症状がなくなった後は、すごくスッキリします。

皆さんには、ホームキットをうまく使ってセルフケアしたり、
ホメオパシー健康相談会などを利用しながら、どんどん健康に
なっていただけたらと思います。

Photo_4
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
ホームキットをうまく使ったり、ホメオパシー健康相談会などを利用したり、
ホメオパシーをうまく生活に取り入れてくださいね。

レメディーを使いこなすための講座を開催しています。詳細内容は、
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/02/23-74da.html

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

全国の日本ホメオパシーセンター:http://jphma.org/nintei/center.html
※最後までお読みいただきありがとうございました

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31