« 再掲【体験談】 産後の腱鞘炎のレメディー | トップページ | 【開催報告】ホメオパシー座談会40回記念「お産について語ろう!」 »

2017年2月15日 (水)

【パパほめ】竹内基幸ホメオパス『子どもの前で泣いて、さらけ出す』(後半)

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日・土曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定
ホメオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

Photo

竹内基幸ホメオパスの前半のパパほめ記事
         「子どもの前で泣いて、さらけ出す」(前半)  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2017/02/post-3418.html
---------------------------
子どもの前で号泣して、自分をさらけ出したことについて、前回の
続きを書きたいと思います。

職場の上司の御通夜で、Ign(イグネシア/イグナチア豆)
レメディーで今まで泣けなかったのが泣けるようになりました


その続きで、子どもの前でさらけ出して泣いたエピソードについて、
書きたいと思います。

都会でうつな状態があり、都会で何も見いだせないと感じて
転職して地元企業に再就職していたのですが、抑うつ的な状態になる
ことは、完全になくなったわけではありませんでした。

あの日、ある出来事が誘因となり抑うつ的になり、家族の顔も見れず
に頭から布団をかぶっていたところ、妻はレメディー入りのペット
ボトルを持ってきてくれたり、子どもたちは優しい言葉をかけにきて
くれました。
しかし顔を直視できないので、布団にくるまったままだったのですが、
子どもが部屋を出て行った後に、ベッドの上に目を向けると、
かわいらしい野花が3・4本置いてありました。その時は、
家族の優しさは伝わるのですが、そんな状態なのでお礼も言えません。

数日後に、気分が上がり、仕事に行った帰り道。
布団にくるまりながら、家族の優しさに触れたことを思い出して
車の中で大泣きました。(Ignで泣ける男になっていましたからね)
妻、子どもに言葉に出してお礼を言わなければと思い、家に帰って
夕食の後に話し始めました。

子どもには、隠さずにされけ出して言おうと、Ilm08_ca01034s
自分の父親のこと、父親の影響を受けて自分も怒鳴るようになったこと、
自分にいろいろなインナーチャイルドがあるということ、
理解が難しいこともあったかもしれませんが、いろいろなことを話しました。
そして、布団の中で受けた優しさのお礼を、家族の手をとり
泣きながら伝えることができました。

大人の前でも、子どもの前でも、自分をさらけ出すことは大事なこと
だと思います。
CHhomの4年間には、インナーチャイルドも学びますので、
「まだ小さいから、この件については知らない方が良い。」とか、
「子どもには言わない方が良い。大人だけが知っていれば良い。」
と大人が思っても、子どもは感じとって、そこでインナーチャイルドが
作られることもあります。
だから、私は、子どもに自分をさらけ出そうといつも思っています。
弱っている私、泣いている私…すべて私なのですから。。。

そんな教えも得られるCHhomは素晴らしい学校です。2017年度
学生(ファミリーホメオパスプロフェッショナルホメオパス)を
募集していますので、ぜひ多くの方に学んでほしいと思います。
オープンキャンパス詳細&お申し込みは、コチラ まで!
---------------------------
パパほめ竹内先生ありがとうございました。
ご自身の人生が、ホメオパスとして相談会に生かされていると
思います。そんなホメオパスの先生たちに、ホメオパシー健康
相談会を受けてみませんか!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

全国の日本ホメオパシーセンター:http://jphma.org/nintei/center.html
※最後までお読みいただきありがとうございました

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30