« 【豊受野菜】2/2入荷情報 | トップページ | CHhom学校案内Youtubeアップ!2017年度学生募集中! »

2017年2月 3日 (金)

【相談会】20年間の便秘が改善して妊娠したケース◇竹内基幸ホメオパス

日本ホメオパシーセンター名古屋本部
ホメオパシー健康相談会でのケースを紹介していただくコーナーです。

第一月、第三火、毎週水・土曜日に担当していただいています、
竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0864)に
『20年間の便秘が改善して妊娠したケース』を紹介していただきます。

2

竹内基幸ホメオパスのインチャ癒し紹介:  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2016/11/chhom-fabf.html
-----------------------------
クライアントさんは、38歳の女性で、20年間の便秘を改善したい
ということで相談会に来られました。

【相談会1回目】
8歳ころから便秘の記憶があり、ここ20年間は自力で排便できなくなり
漢方薬を使ってしか排便できないようになったそうです。また、30代で
妊娠したのですが流産したそうです。

メインの便秘のレメディーとして、Nut-v(ナックスボミカ/マチンシ)Ilm19_ca06031s
貧血と手足の冷えに、TS)Ferr-p(ファーランフォス/リン酸鉄)
TS)Cupr-ar(キュープロムアーセニカム/亜ヒ酸銅)
虫歯治療で使った麻酔の排出と、膨満感でも食べてしまうところ(麻痺)や
腸の運動も麻痺しているところから、
麻酔薬のコンビネーションレメディー
それに便秘のサポートコンビネーションチンクチャーに他の症状にあう
レメディーを一緒に出しました。(※TSはティッシュソルト)

その結果、
便秘は改善されませんでしたが、腸が動いていることを実感できるようになり
手足の冷え大食漢なところ、生理周期PMSが改善されて、全体的に
体調はよくなってきたようでした。

【相談会2回目】
腸とかかわりの深い胃が下垂しているということでしたので、それも考慮して
Sep(シーピア/イカ墨)など複数のレメディーを選択して
メインの便秘のレメディーとしてOp(オピューム/ケシ)、麻酔や麻痺した
状態によいレメディーです。それと便秘に、Plb(プランボン/鉛)
出しました。

その結果、
腹がゴロゴロしだしたのですが、1週間ほど排便がないので限界だと
思ったところで、少しの便がでたようです。残糞感があり、その後、
手が痺れるほどの腹痛の後、臭い下痢っぽい黒い便を大量に
排出したそうです。
しかし、まだ残糞感があるようでしたので、
Syph(スフィライナム/梅毒ノゾーズ)を追加してもらったところ

そうすると、排便間隔が3~4日となり、その後毎日排便できるようになった
そうです。

【相談会3回目以降】
便秘が改善された後に、妊娠していることが分かったそうで、
すごくうれしい反面、過去の流産の体験の記憶で不安が強いようでした。Ilm16_ad04015s

便秘のレメディーを継続してもらいながら、黄体ホルモン分泌に関与する
Pitu-gl(ピチュイトゥリグランド/脳下垂体)のレメディーや
過去の流産の不安より、Cimic(シミシフーガ/サラシナショウマ)などの
妊娠をサポートするレメディー各種を選択してだしました。

その後も相談会を続けていただき、妊娠中のいろいろな症状や、
妊娠中にホメオパシー的にもっとも適している遺伝的な慢性マヤズムの
疥癬に対するレメディーを徹底的とってもらいました。

Sad

不妊の原因の多くは、機能的な不妊ではなく、体の状態が悪く、母体で
胎児を育てる体ではないということがあると思います。今回のケースでは、
体の状態が向上して、主訴である便秘の改善と共に、妊娠することができました。
また、妊娠・出産をホメオパシーでサポートすることで、心穏やかに、
妊娠ライフを楽しむことができ、超安産で出産できたと思います。
-----------------------------
※本ケースのクライアントさまには、ブログの許可をとって、掲載させて
いただいています。

竹内ホメオパス、ありがとうございました。
ホメオパシー健康相談会に入られて、妊娠されるケースは多く聞きます。
体の症状とともに、妊娠するための体作りに、ホメオパシー健康相談会
おススメですよ!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、妊娠・出産に関する座談会
を開催しています。ご興味ありましたら、ご参加ください。
 ◆2/15座談会40回記念「お産について語ろう!」+ミニScioセッション他◆
   ※お申し込みは、ホームページ及びTEL:052-533-0171 まで!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30