« 【豊受野菜】12/1入荷情報  | トップページ | 座談会開催報告◇「咳や喘息のホメオパシー的意味と対処!」竹内基幸ホメオパス »

2016年12月 1日 (木)

マイコプラズマ肺炎のホメオパシー対策

2016年マイコプラズマ肺炎が流行る!という情報も
一部ありましたが、皆さんの周りではどうでしょうか?Ilm09_ae05006s

子どもから青年期にかけてかかりやすいといわれている
マイコプラズマ肺炎ですが、潜伏期間も長く、飛沫感染により
人から人にうつるため、早期対処予防が大切となります。

ホメオパシー的な対処として、ホメオパシーの根本原則は
同種の法則」ですので、マイコプラズマ菌で作ったレメディー
 ・Myco-ph(マイコプラズマ/マイコプラズマ菌)
がまず候補にあげられます。

他には、肺炎にあうレメディー
 ・Morb(モービライナム/はしか)
               :呼吸困難、肺の症状、肺炎
 ・Hib(ヘモフィルス・インフルエンザ/ヘモフィルス・インフルエンザ)
               :肺炎、咽頭炎、髄膜炎
 ・Ferr-p(ファーランフォス/リン酸鉄)
               :炎症の1段階(風邪の引き初めにも!)

これらのレメディーをマイコプラズマ肺炎っぽいなと思った時に
使ってみてくださいsign03

また、ホメオパシーの素晴らしいところは、予防もできるということです。Image_pa014b

上記のMyco-ph、Morb、Hibを、寝る前に1粒ずつ2回リピート
それを2日間続けてください。
予防については、書籍「ホメオパシー的予防」を参考にしてください。
Morb、Hibについても解説されています。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニウモニエという病原体で
細胞壁がないものですので、細胞膜を壊すような抗生物質は
効果がありません。12/2(金)の座談会「咳や喘息のホメオパシー
的意味と対処
」ではマイコプラズマ肺炎のそのようなお話も
させていただきたいと思います。また、咳・喘息の段階にあう
レメディーやマザーチンクチャーを紹介したうえで、咳が収束する
までのホメオパシー的なプログラムを作ってみたいと思います。
**************************************************
日にち  :  2016年12月2日(金)
時 間  :  10:30~12:00
会 場  :  日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費  :  1000円(お茶・お菓子付)
進 行  :  竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0864)
定 員 : 10名

参加者限定の化粧品・豊受加工品、書籍【セール】開催sign02
参加者限定の『ひみつのセール』開催sign03
当日の飛び込み参加!大歓迎で~すsign01

お申し込みは、TEL(052-533-0171) または、
  http://www.homoeopathy.ac/11reserve/122_jphma.php
**************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。文)スタッフ竹内

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30