« 開催報告◇セルフケア講座「大人も子供も!冬のホメオパシー的流行病対策」 | トップページ | 12/25(日)クリスマスは由井先生の心温まる講演会に! »

2016年12月15日 (木)

【子育て】指を挟んだ対処◇パパほめ竹内基幸ホメオパス

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で、第一月曜・第三火曜・
水曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定ホ
メオパスNo.0864 )。二児のお子さんを持つパパホメオパス
略してパパほめです。お子さんとのことを記事にしてもらいました。

2

竹内基幸ホメオパスのインチャ癒し紹介:  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2016/11/chhom-fabf.html
---------------------------
2人の子どものうち、したの子は小学6年生の女の子。
本当に子供の成長って、あっという間ですネ。

先日、ちょっと時期外れの修学旅行に奈良・京都に行って、
元気に帰ってきました。
でも、修学旅行出発前日に、ちょっとした怪我をしてしまいました
ので、そのことを書きたいと思います。

車の中で物を落として拾おうとしたところ、狭い隙間に入り込んで
しまっていて、手を入れてかき出そうとすると、親指が挟まれてしまい
腫れて痛むということで、

私のところに、「どうにかして~!」と訴えてきました。娘に弱い
パパほめの私。以下のような対処をしました。

怪我全般によいφArn(アーニカ/ウサギギク)
神経の多い指先が挟まれたのでφHyper(ハイペリカム/
セイヨウオトギリソウ)

の2つのマザーチンクチャーを濡れたティッシュに3滴ずつ
しみこませて一晩湿布をしました。
(寝ている間に取れてしまわないように、濡れティッシュの上に
ラップを巻いて、テープでとめています。)

体の外から湿布と、内からも体に作用するように、同じレメディー
ArnHyperを粒でとって、さらに痛みにMag-p(マグフォス/
燐酸マグネシウム)
をとりました。

朝起きると、指の腫れはすっかりひいて、痛みもほとんど
ありません
でした。娘も修学旅行を、親指のことも気にせずに
楽しんだようです。ホメオパシーって素晴らしいですねsign03
---------------------------
パパほめ竹内先生のお子さんたちは、ホメオパシー健康相談会にも
かかってきたので、免疫力が上がって、その後の子育てが楽になり
このような緊急なときにも、ホメオパシーが作用しやすい
(=自己治癒力が高い)のだと思います。ベースアップするのにも
ホメオパシー健康相談会はおススメですよ!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30