« 出張座談会in岡崎「子どものかかる病気のケア」開催報告◇谷祐子ホメオパス | トップページ | 【豊受野菜】 9/15入荷情報 »

2016年9月14日 (水)

秋の季節の肺ケア&痰のレメディー

どんどん涼しい日になりつつあります。秋ですね~sign03
熱かった夏が、すでに懐かしいです。

73004
豊受自然農園から見た富士山とトンボ


秋は『肺』の季節ですね。

肺や呼吸器に問題がある方は、気の流れが全身にいきわらなかったり
「防衛の気」も弱かったり。。。

「防衛の気」が弱いと、相手が考えていることが分かったりIlm09_dd11003s
霊的なものやサイキックアタックを受けやすかったりします。

そんな敏感さがあり、神経質なレメディーといえば
Phos(フォスフォラス/リン)ですよね。
もちろん、Phosは、肺・呼吸器系によいレメディーです。

肺・呼吸器系の問題で、やっかいなのが
出ている症状を嫌がる前に、身体から出ている症状の意味
考えてみましょう。

なぜ咳が出るかというと、体の中の老廃物やいらない粘液を
排出するためで、咳をして痰などを出そうとしているのです。
症状はありがたいことなのですね。

レメディーは排出をスムーズに促してくれるものです。
痰によって、レメディーを使い分けてみましょう。

黄色の痰には、
 Ars(アーセニカム/三酸化ヒ素):圧迫されるような咳から排出
 Carb-v(カーボベジ/植物炭):早い咳
 Phos(フォスフォラス/リン):喘鳴(ヒューヒュー音が鳴る)
 Puls(ポースティーラ/セイヨウオキナグサ):黄色に鼻水
にも

他には、水っぽい痰には、Cham(カモミラ/カモミール)
レモンの色の痰には、Kali-c(ケータイカーブ/炭酸カリウム)

この中で、症状に合うレメディーを試してみてください。

9月の座談会は「レメディーと豊受コスメを使いこなそう!」です。
スタッフ8年目ベテランの
谷ホメオパスが、あんな使い方、こんな使い方を
ご紹介いたします。
セールも楽しみにしてください!
**********************************************************Adsd
9/21(水)
座談会◆「レメディーと豊受コスメを使いこなそう!
       ~意外と知られていない、あんな使い方・こんな使い方~
  日 時 : 9/21(水)10:30~12:00
  進 行 : 谷祐子先生(JPHMA認定ホメオパスNo.0733)
  参加費 : 1,000円(お茶・お菓子付き)
  ほぼすべての化粧品・加工品のセール、さらにひみつのセール開催!
※お申込み:http://www.homoeopathy.ac/11reserve/921_jphma.php
**********************************************************
最後までお読みいただき、ありがとうございました。 文)スタッフ竹内

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30