« 夏の特別企画!ホメオパシー健康相談キャンペーン◆9/10まで! | トップページ | 【体験談】 深い悲しみと罪悪感のレメディー Cycl. »

2016年8月20日 (土)

【再掲】ホメオパシーセンター名古屋本部通信★加藤ホメオパス◇動物の特徴レメディー②

この通信では、日本ホメオパシーセンター名古屋本部
ホメオパスの先生にいろいろ書いてもらうコーナーです。

土曜日隔週担当の獣医免許をもち動物好きでアフリカに
いっちゃうアクティブさもある加藤由美子ホメオパス
お願いしたいと思います。
   (JPHMA認定ホメオパスNo.00316)
   (JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0033)
Ds

では、よろしく ~happy01happy01happy01happy01

-------------------------

前回に引き続き、動物種の特徴に該当するレメディー3種類を
紹介します。

 ※前回のブログ記事:
    http://nagoya.homoeopathy.ac/2016/07/post-36bc.html

Calc(カルカーブ)
几帳面で、頑固なのに一見従順なカルカーブ。牛の特徴と似ています。
また牛乳はカルシウム(=Calc)と関係がありますよね。

Ilm21_ae12007s

Ant-c(アンチモニュームクルーダム)
何でもよく食べるイメージの豚。アンチモニュームクルーダムも
大食漢や過食に合うレメディーで、内に悲しみを秘めています。

Ilm21_ad02010s_3


Puls(ポースティーラ)
ポースティーラは穏やかで誰かと一緒にいたくて、めそめそしやすい人。
羊はいつも群れで動き、メーメ―と鳴いています。
Cl1501_om_021s
今回は「牛」「豚」「羊」についてまとめてみました。
いかがでしたか~!

動物種の特徴にあうレメディーを紹介しましたが、
牛の中でも、体が大きくて性格がのんびりした牛=Calc(カルカーブ)タイプや
細身でよく動く牛=Calc-p(カルクフォス)タイプなど個性は異なります。

ご自宅のペットにレメディーを使う際は、こんなことを考えてみるのも
楽しいかもしれませんよ。
-------------------------
ペットに関する座談会を8/24(水)に開催いたします。
皆さんのご参加をお待ちしております。今回もひみつのセール
を実施します。お楽しみに~!
****************************************************** 
座談会『ペットのケアをホメオパシーで!』
      ~日常の健康管理やかかりやすい病気について~

 日 時 : 8/24(水)10:30~12:30
 進 行 :
加藤由美子先生(JPHMA認定ホメオパスNo.0316)
 参加費 : 1,000円(お茶・お菓子付き)
  ※お申し込みは、コチラ または
 TEL:052-533-0171まで!
******************************************************

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30