« インナーチャイルドセラピスト通学コース★9月開講 | トップページ | 毎月第一水曜日◇開催◆とらこ先生「ホメオパシーってなあに?」DVD上映会+なんでも質問コーナー »

2016年7月10日 (日)

【再掲】ホメオパシーセンター名古屋本部通信★加藤ホメオパスの動物の特徴レメディー①

この通信では、日本ホメオパシーセンター名古屋本部
ホメオパスの先生にいろいろ書いてもらうコーナーです。

土曜日隔週担当の優しさあふれる知的なホメオパス
加藤由美子ホメオパスにお願いしたいと思います。
   (JPHMA認定ホメオパスNo.00316)
   (JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0033)

Ds

では、よろしく ~happy01happy01happy01happy01

-------------------------
動物種の特徴に該当するレメディーってあるのは、ご存知ですか。bleah

私が学生の頃、とらこ先生や海外のアニマルホメオパスの講義で
聞いた4種類の動物を簡単にまとめてみますネ。

:犬種により異なりますが、基本的にはLyc(ライコポディウム)
ライコポディウムは権威に従うところがあります。
犬は飼い主にも従順ですよね。

Ilm21_ba02030s
Phos(フォスフォラス)
感情的にも身体的にも敏感なフォスフォラスは、猫にぴったり。

Ilm21_ba02039s

Gels(ジェルセミューム)
不安や恐怖で容易に体が麻痺してしまう、小心者で敏感なジェルセミューム。
ウサギといえば臆病でおとなしい動物の代表です。

Ilm21_ac05014s

Ars(アーセニカム)
ヒ素(アーセニカム)は馬の強壮剤として、また被毛や皮膚のつやを出す
目的で使われたことがあるそうです。
アーセニカムには「貴族風」というキーワードもあり、貴族と馬は縁がありそうです。

Cl1401_om_324s


今回は「犬」「猫」「兎」「馬」について書いてみました。
いかがでしたか~!

次回は、「牛」「豚」「羊」について書いてみたいと思います。
お楽しみに~!


ペットに関する座談会を8/24(水)に開催いたします。
皆さんのご参加をお待ちしております。
****************************************************** 
座談会『ペットのケアをホメオパシーで!』
      ~日常の健康管理やかかりやすい病気について~

 日 時 : 8/24(水)10:30~12:30
 進 行 :
加藤由美子先生(JPHMA認定ホメオパスNo.0316)
 参加費 : 1,000円(お茶・お菓子付き)
  ※お申し込みは、コチラ または
 TEL:052-533-0171まで!
******************************************************

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30