« 髪の毛には、血液・腎臓をケア!! | トップページ | ホメオパシー通信◇ペットと飼い主の関係◇加藤由美子ホメオパス »

2016年6月12日 (日)

薬のことを知ろう!②

4年間勉強してホメオパスを目指すCHhomのプロフェッショナル
ホメオパス養成コース
では、ホメオパシーだけでなく、現代医学の
臨床病理・解剖整理、薬理学等も学びます。

 ※CHhomでは、2016年学生をまだまだ募集しています。先日も
   札幌校の方で今期の入学を決められた方がいらっしゃいました!
   ご興味ある方、一緒に学びましょう!詳細内容は、コチラ!

私が学生時代に、薬剤師の資格を持っている山内知子ホメオパスIlm22_bb05014sが講師で「薬理学」の授業を受けました。その中の内容で

 (前回のブログで紹介した「薬理学」で学んだ内容は、コチラ!)

・湿布、パッチ、テープ等の経皮ルートでは、性器からの 吸収力が
 二の腕の内側より 42倍あり、一番高いこと。
・石油から作った合成界面活性剤が、皮脂の膜を通過できるため
 経皮ルートの薬として使われていること。
・薬に対する寛容性や耐性ができるため、より強い薬に移行して
 いく現実があること。
・薬の中には、錠剤を固めるセルロース、コーティングする石油原料
 のワックス、甘味料、着色剤、着香剤などが入っていること。

など、知らないことばかり、薬剤師だから知っている内容が
盛りだくさんの授業でした。

Ddff

山内先生から薬のことを学んで、夏休みに向けて、デトックス計画を
進めてみませんか!
 

6/29(水)に、
夏休みに向けて!ホメオパシー的デトックス計画
にどういう問題があるの?どう付き合っていけばよいの?~
を開催いたします。

日にち  :  2016年6月29日(水)
時 間  :  10:30~12:00
会 場  :  日本ホメオパシーセンター名古屋本部Ilm09_aa01003s
参加費  :  1000円(お茶・お菓子付)
進 行  :  山内知子ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0109)
定 員 : 10名

お申込みは、TEL:052-533-0171 または
  http://www.homoeopathy.ac/11reserve/6296_jphma.php

文)スタッフ竹内

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30