« 豊受自然農園から◇ミリフォリューム | トップページ | 【再掲】天候・気温で調子が悪くなった時のレメディー »

2016年6月23日 (木)

薬のことを知ろう!④

4年間勉強してホメオパスを目指すCHhomのプロフェッショナル
ホメオパス養成コース
では、ホメオパシーだけでなく、現代医学の
臨床病理・解剖整理、薬理学等も学びます。

 ※CHhomでは、2016年9月から開講の「インナーチャイルド
  セラピスト養成コース
」の学生を募集しています。ご興味の
  ある方には、学校案内書をお送りしております。
  詳細内容&学校案内送付申込みは、コチラ!

Bn_2016incha_a
私が学生時代に、薬剤師の資格を持っている山内知子ホメオパス
講師で「薬理学」の授業を受けました。その中の内容で
 (前回のブログで紹介した「薬理学」で学んだ内容は、コチラ!)

炎症が起こると、熱や痛み、発赤が生じるが、これは組織を再構築してIlm09_ad24001s
いる時に生じる正常な反応。これを鎮痛剤で血管を閉じて血流を減らすと、やされて痛みを感じなくなる。

湿布や塗り薬では、経皮吸収するため、全身でそのような作用がおこるため、全身が冷やされる。

また、鎮痛剤で血管を閉じた結果、疲労物質を排泄できなくなるためにやる気がなくなったり、だるさが生じてくる。
そのような症状がでてくると、不安剤などを追加処方されることとなる。

痛み止めの薬だけでも、薬による体の作用・反応を知っておくことは
大事ですね!

Ddff

山内先生からのことを学んで、夏休みに向けて、デトックス計画を
進めてみませんか!
 
6/29(水)に、
夏休みに向けて!ホメオパシー的デトックス計画
にどういう問題があるの?どう付き合っていけばよいの?~
を開催いたします。

日にち  :  2016年6月29日(水)
時 間  :  10:30~12:00
会 場  :  日本ホメオパシーセンター名古屋本部Ilm09_aa01003s
参加費  :  1000円(お茶・お菓子付)
進 行  :  山内知子ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0109)
定 員 : 10名

お申込みは、TEL:052-533-0171 または
  http://www.homoeopathy.ac/11reserve/6296_jphma.php

文)スタッフ竹内

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30