« 薬のことを知ろう!② | トップページ | 薬のことを知ろう!③ »

2016年6月14日 (火)

ホメオパシー通信◇ペットと飼い主の関係◇加藤由美子ホメオパス

この通信では、日本ホメオパシーセンター名古屋本部
ホメオパスの先生にいろいろ書いてもらうコーナーです。

Photo_2

土曜日隔週担当の獣医免許をもち、動物好きでアフリカに
いっちゃうアクティブさもある加藤由美子ホメオパス
「ペットと飼い主の関係」に書いていただきました。
   (JPHMA認定ホメオパスNo.00316)
   (JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A0033)

では、よろしく ~happy01happy01happy01happy01

-------------------------
ペットは飼い主に似る、飼い主が自分に似たペットを選ぶIlm21_ba02036s
といわれます。

子供の頃から背が高くて細身なわたしが好きな犬種は細身の
大型犬(ボルゾイやサルーキなど)でした。(似てる~!)
みなさんの場合はどうでしょうか?

またペットが何らかのメッセージを伝えるために、飼い主を
選んでやってくるという話もあります。

ペットと話が出来るという方に、うちの猫と話をしてもらったところ、
「容易にさわらないで」「自分のスペースは確保したいの」と
言ったそうで、自分が思っていることと同じで驚きました。

ちなみに、わたしのことを「肩に力が入り過ぎ」と評していたそう
です。(お見通しなのね~)

ペットの病気や異常行動は、飼い主の心身の偏りに反応して
いる場合があるそうです。動物の健康相談では選んだ
レメディーを飼い主さんも一緒にとることをお勧めしますが、
飼い主さんが「実は私も同じ症状があります」とおっしゃることが
よくあります。

飼い主がレメディーを使ったりインナーチャイルドを癒して、Ilm21_ba02030s_2本来の自分に戻ることは、ペットの幸せのためにも、大切かもしれませんね。
---------------------
加藤先生、ありがとうございました。加藤先生が動物のことについて、座談会を開催いたします。気になる狂犬病の予防注射や避妊・去勢などについて、もちろんペットに使っていけるマザーチンクチャーやレメディーを紹介する予定です。ご参加お待ちしておりま~す
****************************************************** 
座談会『ペットのケアをホメオパシーで!』
      ~日常の健康管理やかかりやすい病気について~

 日 時 : 8/24(水)10:30~12:30★日時変更しています
 進 行 :
加藤由美子先生(JPHMA認定ホメオパスNo.0316)
 参加費 : 1,000円(お茶・お菓子付き)
  ※お申し込みは、コチラ または
 TEL:052-533-0171まで!
******************************************************

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30