« 【豊受野菜】 12/5 入荷情報 スイスチャード入荷☆ | トップページ | 2月座談会<特別編>◆東先生フラワーエッセンス◆増席!! »

2015年12月 6日 (日)

【体験談】 授乳トラブル時に活用したレメディー

こんにちは。育休中スタッフです。

急に寒くsnowなりましたが、体がついていかないときこそ、
ホメオパシーの
恩恵を受けて上手に乗り切りたいものですね!

今回は初産の方の多くが経験する、授乳時のトラブルのレメディー

をご紹介します。

まず私の授乳トラブルですが、母乳が出ないのと乳頭の損傷でした。

助産師さんの指導を受けながら授乳するも、私も与え方がへたなら

息子も吸い方が下手で傷がどんどんひどくなる…。

授乳の度に痛みでギャーッ!となって、苦痛を伴うものでした。

そこで乳頭の傷には以下で対応しました。
Bellp_calen_arn_2
<マザーチンクチャー>

 ・ベリスペレニス(ヒナギク)
 ・カレンデュラ(キンセンカ)
 ・アーニカ(ウサギギク)

<レメディー>

 Calen.(カレンデュラ/キンセンカ)
 Cham.(カモミラ/カモミール菊)
 Mag-p.(マグフォス/リン酸マグネシウム)
 
Staph.(スタッフィサグリア/ヒエンソウ)
 Arn.(アーニカ/ウサギギク)
 Sil.(シリカ/水晶)
 Calc-f.(カルクフロアー/フッ化カルシウム)
 Kali-s.(ケーライソーファー/硫酸カリウム)

 Calc-s.(カルクソーファー/硫酸カルシウム)
 Syph.
(スフィライナム/マヤズム)

<クリーム>

 カレンデュラクリーム グラファイトクリーム

クリームは乳頭にうっすらと塗っていたら、看護婦さんから「そんな良いクリームなら、こってり塗っちゃいなさい」とアドバイスいただいたので、

それからは患部に塊をのせるように贅沢に使いました。

出血があるときや傷にはカレンデュラクリーム、バックリ割れた傷には

グラファイトクリームを、それぞれ使い分けたり両方混ぜたりと、授乳の

度にとれてしまうので、とにかく頻繁に塗っていました。

うちの息子が母乳以外で初めて口にしたのはビークリームでした(笑)

傷に合うティッシュソルトは一度に3~5粒をとり、痛みに合うCham.、

Mag-p.などは授乳の前に、その他は気がついた時に頻繁にとりました。

また、一時乳腺がつまって乳腺炎になりかけたことがありました。

その時は、乳房にキャベツをあてがい熱を逃がしつつ、以下の

レメディーを粒でリピートしてとりました。
Ilm11_bb05001s

 Bry. (ブライオニア/蔦瓜)
 Sil.
(シリカ/水晶)
 Phyt.
(ファイトラカ/アメリカヤマゴボウ)

そしてミルクと混合だったのが、4ヶ月目からは完全母乳になりました。もうすぐ6ヶ月になる今でも時々、傷ができたり乳腺が詰まったりすることがあります。そんなときは都度、症状にあわせてマザーチンクチャーレメディーをとっています。

最近、ファイトラカのマザーチンクチャーを飲み始めました。トラブルが
なくても毎日飲んでいますが、とってもおっぱいの調子がいいです!

これは月経前の乳房の張りにもとても良かったです。

日本国内で手に入らないのが残念ですが…おっぱいに問題を抱えている

人にはぜひ試していただきたいです。

次回は腱鞘炎のケアと骨盤の戻りに使ったレメディーをご紹介します。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30