« 10/11・12 臨時休業のお知らせ◇コングレスに『杉田かおるさん登壇』 | トップページ | 【豊受野菜】10/15 入荷情報 いもツル入荷しました! »

2015年10月14日 (水)

咳・喘息について①

日本ホメオパシーセンター名古屋本部で第一月曜・第三火曜・
水曜日を担当している竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定ホ
メオパスNo.0864 )に『咳・喘息について』紹介してもらいます。

Photo

竹内基幸ホメオパスの自己紹介:
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2015/02/post-5fbd.html
---------------------------
「土用」というと夏を思いうかべて、「うなぎを食べよう」という方が
多いのではないでしょうか。

陰陽五行説では、春・夏・秋・冬それぞれの季節の終わりの18日
間を「土用」と言います。

2015年の秋土用は10/21~11/7の間です。

季節の変わり目である土用は、身体を季節に合わせるという体の
変わり目でもあります。そういう時に感染症にかかったり、夏の
不摂生のツケが回ってきたり…と。

そういう時には、ホメオパシーを活用していきたいものですね。
この時期に咳がひどくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

秋は『肺』の季節です。

Ilm09_dd11003s


肺や呼吸器に問題がある方は、気の流れが全身にいきわらなかったり
「防衛の気」も弱かったり。。。

「防衛の気」が弱いと、相手が考えていることが分かったり、霊的な
ものやサイキックアタックを受けやすかったりするそうです。

咳に話を戻しますと、
なぜ咳が出るかというと、体の中の老廃物やいらない粘液を排出する
ためで、咳をして痰などを出すことはありがたいことなのです。

私の息子は、予防接種以来、喘息になりました。息子の喘息を
どうにかしようと、妻と話し合いながらホメオパシーにたどり着き
今では咳をすることがあっても、喘息で学校を休むことはなくな
りました。

息子の喘息の経験を踏まえて、今後、皆様にお役に立つような話が
できればと思います。「咳がなぜ出るのか?」「喘息(喘鳴)という
のはどういう現象なのか?」を次回に話していきたいと思います。

◇ホメオパシー健康相談会はお近くのホメオパスに!
  http://jphma.org/nintei/center/center_11.html

******************************************************
『セルフケアに役立つ 36基本のレメディー実践入門(後半)
                            +QX-SCIOデモ』

日 時 : 11月4日(水)10:00~12:30(SCIOデモは12:30~13:00)
進 行 : 竹内基幸先生(JPHMA認定ホメオパスNo.0864 )
会 場 : CHhom名古屋校
参加費 : 一般2,000円/とらのこ1,500円/学生・卒業生1,000円
※子連れ部屋(畳)を別途ご用意しております。

   
※お申し込みは、コチラ または
 TEL:052-533-0171まで!
******************************************************
 

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30