« 【レメディー】 食べすぎ飲み過ぎにとりたいレメディー | トップページ | ◆来年3月14日◆とらこ先生名古屋ライブ講演会決定!! »

2014年12月26日 (金)

ひげスタッフのメガネ息子の視力を回復したい

息子は小6の夏からメガネをかけ始めました。

このまま、視力が低下してしまうのだろうか?


そこで「近視」に良いレメディーを調べてみました。

 Carb-v.Hyos.などがありました。


今回、調べたのは、CHhomの学生が授業でも使用している、
サミュエル・ハーネマン著の『マテリア・メディカ』です。


ハーネマンの時代に行われてきたプルービングは
(健康な人に物質又はレメディーを投じて出てくる症状を書きとること)
膨大な情報量として、マテリア・メディカにまとめられています。

Dscf3655_3              サミュエル・ハーネマン著のマテリア・メディカ


その中で
植物炭で作られたCarb-v.(カーボベジ)というレメディーですが
それをプルービングした人が以下のような症状になったと記述されています。

『大変な近視。2、3歩の位置まで近づいてようやく知り合いを認識できる(8日後)』

Carb-v.(カーボベジ)を飲んで、8日後に『近視』になったそうです。

だから、同種の法則ではCarb-v.(カーボベジ)が近視に良い。
ということになるんですね。


ホメオパシーって、本当に面白いですね。


ハーネマンの原点に返って、このような教科書で学べるのはCHhomだけです。
(現在、学生募集中:無料オープンキャンパス実施中です。)



また、目は肝臓と通ずるものがあるので

肝臓と相性の良いマザーチンクチャーを使うことで、
友達の子供の視力が回復したという話を聞いたことがあります。


メガネ息子に肝臓をサポートして
近視に良いレメディーをとらせてみます。


結果は、こうご期待!!

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31