« 日独国際カンファレンス、大盛況で終了! | トップページ | とらこ先生の最新イベント情報その1 »

2012年11月22日 (木)

冬のおすすめレメディー【第2弾】

ぐっと冷え込んできたsnow今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
免疫が高ければ風邪も大したことないし、出す必要があればおのずと
風邪の力を借りて排出を始めます。

CHhomへの問い合わせも、咳に関する質問が多くなってきました。
というわけで今回は【咳のレメディー】をいくつか紹介したいと思います。

 Acon (アコナイト) 冷たい風にさらされた後の咳
 Ant-t. (アント タート) 肺が粘液で一杯 衰弱している
 Ars (アーセニカム) 胸の重苦しさや息苦しさを感じる
 Bac (バシライナム) 慢性的な咳 大量の痰
 Bry (ブライオニア) 空咳 粘液が不足している
 Cor-r (コラリューム ルブ) 機関銃のような咳 体が冷えるとすぐに咳が出る
 Cupr (キュープロム メット) ゼロゼロする気管支炎 冷たい水を飲むととまる咳
 Dros (ドロセラ) ねっとりとした痰があり、ゼロゼロという
 Kali-c (ケーライ カーブ) 真夜中の咳
 Pert (パタシン) 百日咳 痙攣性の咳の発作
 Phos (フォスフォラス) 喉がくすぐったい咳
 Rhus-t (ラス トックス) 不安を伴う咳 寒さと湿気で悪化
 Spong (スポンジア) 空咳 喉の腺の腫れ 寝がえりで悪化Seki2_2
 Stann (スタナン)喘息 気管支炎

沢山あってcoldsweats02おどろかれたのではないでしょうか。
咳の代表的なレメディーといえば
Dros.、Ant-t.、Bry.を最初に思い浮かべる
方が多いと思いますが、実はこんなにあるのです。
Dros.、Ant-t.、Bry.でイマイチだと感じる方は上記の
レメディーも是非お試しください!

お家houseだけでなく、体runも大掃除をして新年を迎えたいですね。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31