2017年3月29日 (水)

ホメオパシー◇いいものだから使いたい!お勧めしたい!

 「ホメオパシーって本当に素晴らしい自然療法なので、
多くの人にススメたい!」 「家族がホメオパシーに懐疑的!?」
と、大切な人にこそ使ってもらいたいのに、うまく説明できない。
そう思っている人は多いと思います。

私の場合、「妻が勧めるものは、いいものだ!」と、
何の疑問も抱かずに、勧められた書籍『ホメオパシーin Japan』
を読み、受け身ですがレメディーもとりました。

風邪の時(節々が痛い高熱の症状)も、妻に口に入れてもらった
Gels(ジェルセミューム/イエロージャスミン)
体が楽になり、レメディーが体に作用していることを実感しました。

Gese_004_php

やはり、人に良いものということを伝えるのは、実感してもらうのが
一番早いですかね~sign03
また、伝える側、伝えられる側の態勢やタイミングも大事です。

4/9(日)座談会では、出ている症状をうまく見てレメディー選びのコツ
を身につけ、相手に早く実感してもらえるように!また、相手の受け
入れ態勢は?といったことも含めて、どのようにホメオパシーを
勧めていったらよいか、お話させていただきます。座談会形式なので
日ごろの疑問にもお答えします。ご参加お待ちしております。
****************************************************
日にち : 4月9日(
時 間 : 10:30~12:00(こちらの開催時間が正しいです)
会 場 : 日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費 : 一般1,500円/とらのこ会員1000円(お茶・お菓子付)
進 行 : 大久保知美ホメオパスJPHMA認定ホメオパスNo.0894
定 員 : 10名

※お申込みは、TEL:052-533-0171 または
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170409_nagoya_zadankai.php
****************************************************
文)スタッフ竹内

2017年3月26日 (日)

【開催報告】ガイドブック別レメディー基礎講座「ホメオパシーin Japan(全3回)」2回目◇大久保知美ホメオパス

 本日は、CHhom名古屋校をライブ会場とし、大阪・福岡校と中継をつないで、ガイドブック別レメディー基礎講座ホメオパシー in Japan』(全3回)の第2回目が、大久保知美ホメオパスを講師として開催されました。

Hp

 レメディーの特徴をわかりやすく、そして二児の母としての体験談「祖父の死別にIgn.をとった2人のお子さんが祖父の思い出話を語り合って、子供なりに感情を出していたこと」や、「子供の神経にひびくような痛みにHyper.で、コロッと寝てしまったこと」などを交えてお話しいただき、レメディーをイメージしやすく、今後に役立つ情報満載のセミナーとなりました。
 本日は、紹介されたレメディーは以下の12種類。
<Cham Chin Dros Ferr-p Gels Hep  Hyper Ign Ip Kali-bi Lach Lyc>

 全3回で開催されますガイドブック別レメディー基礎講座『ホメオパシー in Japan』、次回第3回目は、4月15日(土) CHhom名古屋校より竹内基幸ホメオパスを講師として開催されます。次回学ぶレメディーは以下の12種類。(お申込みは、コチラ!)
<Mag-p Merc Nat-m Nux-v Phos Puls Rhus-t Ruta Sanic Sep Staph Sulph>

 今回ご参加できなかった方も、各回ごとの受講も可能です。この機会にセルフケアの基本となるレメディーの理解を深め、ホームキットを使いこなしましょう!

<アンケートの一部>
●まだ3日前に、やっと基本のレメディーキットが届いたばかりで、ガイドブックを何度も読んでレメディーの名前から慣れていっているところです。先生と同じ男の子の母であり、アトピー、喘息もありますので、先生の体験談を聞かせていただき、とても親しみを感じ、楽しく聞かせていただきました。

●大変分かりやすかったです。肝臓シリーズや悲しみシリーズ等のシリーズごとのレメディー群を教えて頂き、覚えやすくてとても良かったです。

2017年3月25日 (土)

4/2(日)臨時休業のお知らせ◇第6回 日本の農業と食のシンポジウム

4/2(日)は都合により
 ・CHhomショップ名古屋店
 ・CHhom名古屋校
 ・日本ホメオパシーセンター名古屋本部
臨時休業いたします。
※4/3・4は定休日、4/5からは通常営業となっております。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ等は
  CHhomショップ名古屋店 TEL052-533-0171

--------------------------
さて、名古屋からちょうど1時間sign03 4/2(日)はぜひ京都まで、
とらこ先生に会いにいこうsign03


4/2に開催される「第6回 日本の農業と食のシンポジウム」の
テーマは、『日本再生は、自然な農業と自然な心』 です。
会場は、京都商工会議所
最寄駅は、京都市営鳥丸急行にて「丸太町駅」となります。

情報は続々、特設ホームページに上がりますので、お見逃しなく!
http://www.toyouke.com/kyoto2017/index.html
参加申し込みも上記サイトからできます)

<参加費>
 一般:8,000円
 CHhom学生・卒業生・とらのこ会員・とようけ会員:6,000円
 JPHMA会員:5,000円
----------------------------
とらこ先生全国ツアーは名古屋ライブ講演から始まりました。
この度、東京ファイナル講演が全国中継となりましたので
予定が合わずお見逃しの方は、ぜひ参加してください。
**************************************************
4/16(日)由井寅子先生 東京ライブ講演会ファイナル&症例ケース


 日 時 :4月16日(日)10:00~13:00 
 会 場 :東京校ライブ、全国中継 
 参加費 :一般 3,000円/とらのこ 2,000円/学生・卒業生 1,500円
 講 師 :
由井寅子先生

※お申込み&詳細内容は、
   http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2017spring_1.php 

******************************************************

2017年3月24日 (金)

4/9(日)座談会「すぐ分かる!効果的な使い方~ホメオパシーの知識を得て、大切な人に実感してもらおう~」

4/9(日)に、ホメオパシー座談会
  「すぐ分かる!効果的な使い方」
~ホメオパシーの知識を得て、大切な人に実感してもらおう~
を開催いたします。Ilm08_ca01034s_2
 「ホメオパシーって本当に素晴らしい自然療法なので、多くの人にススメたい!」「家族がホメオパシーに懐疑的!?」と、大切な人にこそ使ってもらいたいのに、うまく説明できない、レメディーを選んで渡してもとってくれない(泣)、という方は結構いらっしゃると思います。

 今回の座談会では、ホメオパシーの理解を深め、レメディーの知識を学ぶ事で、ホメオパシーについてうまく説明できるようなヒントがいっぱい!また、すぐに結果が出て分かりやすいレメディーやマザーチンクチャーの使い方を紹介します。効果てきめんのレメディーでホメオパシーの輪を広げませんか。使ってもらいたい大切な方と一緒に参加するのも大歓迎です!

日にち : 4月9日(
時 間 : 10:30~12:00(こちらの開催時間が正しいです)
会 場 : 日本ホメオパシーセンター名古屋本部
参加費 : 一般1,500円/とらのこ会員1000円(お茶・お菓子付)
進 行 : 大久保知美ホメオパスJPHMA認定ホメオパスNo.0894
定 員 : 10名

※お申込みは、TEL:052-533-0171 または
  http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170409_nagoya_zadankai.php

【特記事項】  畳のお部屋で、座談会形式で開催します。お気軽にご参加ください。
紹介する内容は、予告無く変更になる場合がございます。
お子様(小学生以下)連れOKです。
お子様連れの場合は、事前に年齢と人数もお申し出ください。

2017年3月23日 (木)

【開催報告】ファミリーホメオパス同窓会

 本日、CHhom名古屋校にてファミリーホメオパスコース同窓会を開催いたしました。
 ファミリーホメオパスコース1期生から先日卒業したばかりの6期生まで参加し、ホメオパシーに出会ったきっかけや、卒業後4年制コースに入学して学び、自分が変わってきたことを実感したという感想など、一人一人の現状をお話しいただくことから始まりました。

Photo

 ファミリーホメオパスの皆さんには、離れている家族に選りすぐりのレメディーを持たせていたり、どのように生活に取り入れているのかを皆さんにシェアしてもらいました。また、「マヤズムを考えに入れた急性病のケア方法」など、ファミリーホメオパスコースで学んでいるだけに、高度な質問も飛び交いました。
 スタッフホメオパスから、新しいサポートチンクチャーやレメディーなどを紹介させていただいた後に試飲などもあり、新しい情報や感覚で実際に感じ、これからのホメオパシー生活がより一層充実したものになることと思います。

 また、期が異なるために今まで交流のなかった先輩後輩が、ファミリーホメオパスの輪がどんどん広がるように、和気あいあいと話している姿が印象的な同窓会となりました。次回開催に乞うご期待です!

<2017年度学生募集◆オープンキャンパス開催中sign03
4年制の「プロフェッショナルホメオパス」と1年制の「ファミリーホメオパスIlm14_bl04002s
養成コースについて【無料】オープンキャンパス学校説明会を開催しております。ぜひ授業を体験してみてください!

<プロフェッショナルホメオパス養成コース>
●4月15日(土)14:00~17:30 由井寅子学長  DVD上映
   「ホメオパシー心理学を学ぶ」


<ファミリーホメオパス養成コース>
●4月7日(金)10:00~13:30 由井寅子学長DVD上映
   「予防と予防接種概説を学ぶ」


<学校説明会>「ホメオパシーで生活の質を変える」
 
   ホメオパシーを学ぶ意義、各コースの紹介
    由井学長、新城講師、菊田講師、松尾講師のDVD上映授業
    学生、卒業生、講師の体験発表等
●3月26日(日)14:00~17:00
●4月8日(土)14:00~17:00

※詳細内容&お申込みは コチラ または
     CHhom名古屋校TEL:052-533-0171 まで!


こちらの動画もご覧くださいhappy01

2017年3月22日 (水)

【開催報告】ホメオパシー座談会「予防接種、打つ?打たない?」山内知子ホメオパス

 春の陽気の中、日本ホメオパシーセンター名古屋本部にて、第4水曜日の健康相談会を担当されている山内知子先生による座談会「予防接種、打つ?打たない?」が開催されました。

20170322nagoya_1

 薬剤師の資格を持ちベテランホメオパスでもある山内先生から、予防接種の現状と実態、予防接種に関する法律の変化の説明をしていただき、予防接種は強制的でないということ、だからこそ親がどのように子どもを守っていくか、「予防接種を打つか?打たないか?」についてしっかり知識をつけて判断していく必要があることをお話されました。

 参加者の方々の疑問、「自分(親)が予防接種の排出を行って、子供に受け継がないようにする方法は?」「予防接種のレメディーをとって反応がなかったけど、何故?」などに対し、山内先生からは具体的なレメディーや取り方、臓器活性方法やミネラルのレメディーの重要性などのアドバイスがあり、幅広くすぐに使える情報に参加者の皆さんの疑問も解消されたようでした。

 予防接種ではなく、感染症にかかって本当の免疫を獲得する方法には、やはり腸が大事、と山内先生。免疫にかかわる腸内細菌などのお話にもなり、それに伴い母乳や粉ミルクの違いなど、多岐にわたる子育て情報は、「予防接種を打つか?打たないか?」の判断材料になったのではないでしょうか。

 次回は、4月9日に「すぐ分かる!効果的な使い方~ホメオパシーの知識を得て、大切な人に実感してもらおう~」をテーマに座談会を開催いたします。
 皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

<アンケートの一部>
●とても参考になりました。ワクチンに対応できるMTも色々教えてもらい助かります。説得力を持ってワクチンの是否をお伝えできるよう、これからも勉強していこうと思います。ありがとうございました。

●周りの理解を得られないことが多いので、発達障害になりやすいとか、打った人と打ってない人の違いの説得力のあるデーターを示すとわかりやすいかな、と思いました。予防接種を安心料として打つとか、破傷風は必要なこともあるとか、全否定ではないということもわかりました。

2017年3月19日 (日)

【開催報告】ガイドブック別レメディー基礎講座「ホメオパシーin Japan(全3回)」1回目

 本日は、CHhom大阪校をライブ会場とし、福岡校・名古屋校と中継でつないで、ガイドブック別レメディー基礎講座『ホメオパシー in Japan』(全3回)の第1回目が、富田沙織ホメオパスを講師として開催されました。

As

 富田先生の体験談をまじえ、1つ1つのレメディーの特徴を初心者の方にもわかりやすく、丁寧に説明していただきました。ガイドブックを見ながら1人で勉強して使っていくより、実際にホメオパスの先生から学ぶことで、レメディー毎のテーマが明確になったり、実際にレメディーをコンビネーションしてとる方法など、基本と応用を一緒に学べるのが、セミナーの良さですね。本日は、紹介されたレメディーは以下の12種類。
<Acon Ant-t Apis Arg-n Arn Ars Bell Bry Calc Calen Canth Carb-v>

 全3回で開催されますガイドブック別レメディー基礎講座『ホメオパシー in Japan』、次回第2回目は、3月26日(日) CHhom名古屋校より大久保知美ホメオパスを講師として開催されます。次回学ぶレメディーは以下の12種類。
<Cham Chin Dros Ferr-p Gels Hep  Hyper Ign Ip Kali-bi Lach Lyc>

 今回ご参加できなかった方も、各回ごとの受講も可能ですので、是非ご参加ください。この機会にセルフケアの基本となるレメディーの理解を深め、ホメオパシーのある健康で自然な生活を手に入れましょう。

<アンケートの一部>
●各レメディーのキーワードを教えて頂き、とても分かりやすかったです。肉体的な症状と精神面がつながっているのが、とても興味深かったです。まだレメディーを使用したことがなく、この機会に購入しますが試してみたいレメディーが見つかりました。できるだけ講演等に参加しながら、気長に治していきたいです。

●富田先生が実際に体験された実例をお話してくれたので、とても分かりやすかったです。レメディーをコンビネーションする際の例も聞けたのでよかったです。

2017年3月18日 (土)

【開催報告】映画「遺伝子組み換えルーレット」 & 「とらこ先生講演&子宮頸がんワクチン症例」

本日CHhom名古屋校にて映画「遺伝子組み換えルーレット」他の上映会が
開催されました。
本編の映画上映に加え、印鑰智哉氏「世界と日本の遺伝子組換え問題」
講演「子宮頚がんワクチン被害者のビデオととらこ先生の改善ケース」
「とらこ先生講演 土と腸は同じ」が上映され、今の世の中の問題が深く
感じとれる豊富な内容となりました。

Dscf9547

(参加者の感想)
●遺伝子組み換えの物が良くないという事は分かっていましたが、今回のDVDや講演会等の話を聞いて、知識と理解が深まり、より気をつけなければいけないと思うと共に、このような産業が成り立つ世の中にしてはいけないと思いました。今できる事から少しずつ、自分達家族や大切な人へ伝え、未来の子供たちへとつなげていきたいと感じています。ありがとうございました。又、ワクチンの被害等も実際に映像を見て知ることができ、頭ではワクチンはよくないと分かっていましたが、実感することができ、これからしっかりと選択していく勇気がでました。

●GMOの講演は、薄々知ってはいたけど、本当にマズイ所まで日本の食はきているんだということを実感しました。子宮頸がんワクチン&とらこ先生治癒症例集はかなりショッキングな内容で、多くの方が苦しんでいる状況を知ると共に、自分がその一人ですが、脳と心臓まで症状が進んでいない状態でホメオパシーに出会え、治療に入っている今に感謝の気持ちが湧いてきました。ありがとうございました。土と腸は同じというのは、本当に納得しました。ロドコッカスの原子転換の可能性に光を見出せ良かったです。ありがとうございました。もっと多くの方々に今日の内容は知ってほしいと思いました。

遺伝子組み換えルーレット他DVD上映会の次回開催は、
   ・4月16日(日)14:00~17:15です!

ご都合が合わない場合、他の日での開催もご相談いただけますので、
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ先&お申込みは、TEL:052-533-0171 または
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/1116dvd.php

3/19、26、4/15◇ガイドブック別レメディー基礎講座「ホメオパシーin Japan」◇名古屋・大阪・福岡校中継

ガイドブック別レメディー基礎講座がかえってきました~sign03
Image_pa001a
第一弾sign02 ガイドブック【ホメオパシーin Japan】について、
名古屋・大阪・福岡校と中継をつないで、1つ1つのレメディーを
学んでいきます。

もっと上手に、ホームキットをもっと使いこなせるように、
各回のホメオパスが丁寧に説明いたします。
この春に、一緒に学びましょう!

今後も「キッズ・トラウマ」「ホメオパシー的予防」など企画しています
のでご期待ください!

■第一弾【ホメオパシー in Japan】 
1回目)3月19日(日) 大阪ライブ 富田沙織ホメオパス(JPHMA認定NO.0899)
2回目)3月26日(日) 名古屋ライブ 大久保知美ホメオパス(JPHMA認定NO.0894)
3回目)4月15日(土) 名古屋ライブ 竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定NO.0864)
時 間 : 10:00~12:00 ...
会 場 : CHhom 名古屋校・大阪校・福岡校
参加費 : 一般 2,000円/とらのこ 1,500円 (各回)
                        ★クッキー・ドリンク付き★
※お申し込みは、TEL:052-533-0171 または
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20170319_guidebook.php

<紹介予定のレメディー(各12種)> 
第1回:Acon Ant-t Apis Arg-n Arn Ars Bell Bry Calc Calen Canth Carb-v 
第2回:Cham Chin Dros Ferr-p Gels Hep  Hyper Ign Ip Kali-bi Lach Lyc 
第3回:Mag-p Merc Nat-m Nux-v Phos Puls Rhus-t Ruta Sanic Sep Staph Sulph

お子様(小学生以下)連れOKです。その際は事前に年齢・人数をお知らせください。

※ひみつのセール、書籍、CH化粧品・加工品セール★開催予定です!

2017年3月17日 (金)

【相談会】薬をとりながら、高血圧が改善したケース◇竹内基幸ホメオパス

日本ホメオパシーセンター名古屋本部
ホメオパシー健康相談会でのケースを紹介していただくコーナーです。

第一月、第三火、毎週水・土曜日に担当していただいています、
竹内基幸ホメオパス(JPHMA認定ホメオパスNo.0864)に
『薬をとりながら、高血圧が改善したケース』を紹介していただきます。

Photo

竹内基幸ホメオパスのインチャ癒し紹介:  
  http://nagoya.homoeopathy.ac/2016/11/chhom-fabf.html
-----------------------------
クライアントさんは、60代の女性で、30代の出産後から血圧が高くなり、
40代になってからは降圧剤を常用していましたが、高血圧で仕事ができ
なくなり、外出も難しい状況となった。ということで相談会に来られました。

【電話相談会1回目】
現在、降圧剤を服用しているが、血圧が上がり(194/99)、フワフワする。
血圧上昇とともに背中が張って痛い。ということで、外出もままならない
ということで電話にて相談会を行いました。
(日本ホメオパシー名古屋本部では電話相談、スカイプ相談も行っています。)

尿が泡立っていることで血圧に関わる臓器:腎臓と、動悸や痔があること
から血圧に関わる臓器:心臓をサポートするために、サポートコンビネー
ションチンクチャー2本
をメインとして、
Ilm16_cd05009s
その中に、貧血のレメディーとして、Calc-p(カルクフォス/燐酸カルシウム)やコレステロールが高いということで、Nat-p(ナットフォス/リン酸ナトリウム)Nat-bic(ナットバイカーブ/炭酸水素ナトリウム)をティッシュソルトでサポートコンビネーションチンクチャーに入れて、

血圧の問題、背中の痛みや仕事での苛立ちなど、メインのレメディー
として、
Rhus-t(ラストックス/アメリカツタウルシ)を一緒に出しました。

その結果、
気持ちが楽になり、高血圧の不安が減ったが、まだ不安はある。
血圧は、朝は高め(150~180代)ですが、午後は140代に下がったそうです。
背中の痛みが軽減するとともに、フワフワする感じがなくなったそうです。

【電話相談会2回目】
血圧の問題と、尿の泡立ち、背中の痛みがまだ残っていること、家事の後
横たわらなければならない状態を加味して、Spong(スポンジア/焼き海綿)

それと、心臓と泌尿器系によいNat-m(ネイチュミュア/塩化ナトリウム)
メインのレメディーとして選択。

相談会1回目のティッシュソルトに加え、血液内の汚れにPyrog(パイロジェン
/腐った肉の膿)
を、血のサポートコンビネーションチンクチャーに入れて
レメディーを一緒に出しました。

その結果、
週に2回の仕事に復帰できたそうです。まだ、朝方の血圧は高めだが
体は軽く、楽になったそうです。背中の痛みはなくなりました。

体の全体的な調子が上がってきたようで、以下の症状も良くなって
きたようです。
 ・白内障の状態が良い
 ・冬の寒さでも体が冷えない
 ・疲労しにくい体になった

【電話相談会3回目】
血圧のことは良くなってきているので、他に残っている体のことを主に、また
体のこと(血圧)が不安・心配なようなので、それについてレメディーを選択
して、腸のサポートコンビネーションチンクチャーと一緒に出しました。

その結果、仕事を週3回に増やせるほど、体調が良くなったようです。
「血圧は?」と聞くと、血圧計が壊れていて測っていないsign03とのことでした。
血圧が心配でしょうがなくて、血圧を1日に何度も測っていたのが、
自分の体や治る力を信用することで、血圧も気にならなくなってきたようです。
また、薬は飲んでいるようでしたが、「薬をやめたい」とおっしゃっていました。

体や心の調子が悪いときは、自分自身の治る力を信じれないこともあり
ますが、相談会で改善が見られ、自分自身が治る気になると、自己治癒力
のスイッチが入り、改善するスピードが速くなるのを、いつも感じています。
-----------------------------
※本ケースのクライアントさまには、ブログの許可をとって、掲載させて
いただいています。

竹内ホメオパス、ありがとうございました。
ホメオパシー健康相談会を受けるのに、「薬を飲みながら受けられますか?」
と質問をされる方がいらっしゃいますが、ホメオパスは医者ではありませんので、
飲む?飲まない?の診断はできませんが、自分自身で外せない薬は
そのまま服用しながら、体の状態が向上することによって、薬をやめることは
十分可能と思います。また、高血圧の問題にもホメオパシーは有効ですので
ホメオパシー健康相談会はおススメですよ!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホームキットを使いこなす講座
ガイドブック講座「ホメオパシーin Japan」を開催しています。ご興味ありました
ら、ご参加ください。
  ※お申し込みは、ホームページ及びTEL:052-533-0171 まで!

日本ホメオパシーセンター名古屋本部では、ホメオパシー健康相談会の
他にも、いろいろメニューをそろえています。まずは、電話・メールにて
お問い合わせください。
◆TEL:052-533-0171 ◆Mail:center-nagoya@homoeopathy.co.jp

Photo_2
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31